menu
閉じる
  1. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  2. ベトナム移住を後悔しないために、海外旅行と海外生活の違い知っておこう
  3. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  4. 1日2000PVある当サイトに広告を出しませんか? スポンサー募集のお…
  5. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  6. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α
  7. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  8. バックパッカーでは見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色
  9. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブ…
  10. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
閉じる
閉じる
  1. トレンド記事を書いてみた感想と忘備録
  2. 【Falling in Foreign LOVE】ベトナムのフエについ…
  3. 越境ECで「たくさんの笑顔を世界中に!」グローイングワンの理念が熱い!…
  4. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  5. 【ジリ貧生活とサヨナラ】不幸になる才能の確かめ方
  6. ベトナム在住日本人カーストは存在するのか 女子編
  7. 雑貨天国とコロニアル建築天国! 知っておきたいホーチミンを楽しく買い物…
  8. カントー市の水上マーケットでもっと楽しむための基礎知識
  9. 【海外ライフを送ろう!】 ベトナム大好き小僧が海外旅行を10倍楽しむ情…
  10. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブ…
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ベトナム人鬼嫁との子育て奮闘記 マメオ2歳の保育園デビュー失敗編




前回は、マメオが1歳の保育園デビュー失敗した話を書きました。

ベトナム人鬼嫁との子育て奮闘記 マメオ1歳の保育園デビュー失敗編

 

じつは、マメオは2歳になったときも違う保育園に連れて行ったのですが、ここでも失敗してしまいました。

 

今回はそのエピソードについて書きたいと思います。

 

 

1歳の保育園デビューに失敗したマメオは、結局妻の実家に居座り続けました。

僕らにとってラッキーだったのは、とてもいいお手伝いさんが見つかったことです。

 

そのお手伝いさんは、とても優しいのでマメオに怒ることもなく、

マメオがやることをすべて受け入れて、包み込む大きさを持っているし頭もよいです。

 

逆に妻は、マメオがいたずらばかりするので、しょっちゅうマメオを怒っています。

でも、いくら怒られても息子はママを嫌いにならないですよね。不思議です。

 

まぁとにかく、いいお手伝いさんに出会えたので、僕ら家族は1年間そのお手伝いさんにすっかりお世話になりました。

 

しかし、お手伝いさんが優しすぎるせいか、2歳に近くなると息子のワガママがさらにひどくなってきました。

 

このままでは、甘ったれたお坊ちゃんになってしまう!!

 

僕は、危機感を覚えたのでした。

妻とか妻の家族はあまり賛成しないのですが、とにかく2歳になったら保育園にトライしようということで押し切りました。

 

 

そこで、もう一度保育園探しです。

しかし、さすがに2歳になると保育園の選択肢が増えます。

すぐ、近場にインターの保育園をみつけました。

そこは敷地も広くて安全そうな感じなので、さっそくそこへ通わせることに。

 

しかしこの保育園、インターと名打っているものの、外国人の先生はいないようです。

ただ、ローカルとは少し差別化された保育園というだけでした。

 

まずなれるために、1週間目は1日1時間ずつ保育園に通いただ遊ぶだけでした。

このときはまだ良かったのです。

 

 

いまから思えば、失敗だったのが旧正月明けすぐに保育園に通わせたことです。

旧正月の間中は、マメオはずっと両親と一緒でした。

しかし、旧正月が明けると僕たち夫婦は仕事へ行き、息子を保育園へ行かせました。

保育園への送り迎えは前述のお手伝いさんがしてくれました。

 

問題だったのは、いきなり終日保育を始めたことです。

というかベトナムの場合(この保育園だけ?)、慣れるまで半日だけ通園ということはできないそうです。

 

まず初日、朝は機嫌よく出かけて行ったものの、帰りはお手伝いさんがお迎えに行ったら泣き出したそうです。

 

2日目もなんとか保育園に行きました。やっぱり帰りは泣いていたそうです。

しかし、夕方息子に会うと元気そうで、1歳の頃保育園に数日行かせたときのようにぐったりした感じはありませんでした。

 

しかし3日目の朝、いつもは機嫌よく出かけるのに、朝から出かけるのを嫌がります。

また、朝から半泣き状態でママにべったりと甘えています。

僕ら夫婦の方が先に仕事へ行くので、マメオは実家からなんとか保育園に行かせました。

 

その日はたまたま早く帰れたので、夕方は夫婦で保育園に迎えに行きました。

すると、ママの顔を見たとたん泣き出しました。

保母さんがいうには、昼間は元気に遊んでいたそうです。

 

子供にはかわいそうだけれど、いつかは学校に行く日がくるわけで、

今回はなんとか頑張ってほしいと思っていました。

そして、次の日の朝。

とうとうバイクに乗って出かけるのさえ拒否するようになりました。

なんとか妻の実家まで連れて行ったものの、子供は泣きっぱなしです。

本当に保育園に行きたくないようです。

 

「がんばって、保育園に行くように」

と言い残して、仕事に出かけました。

 

昼頃になって、妻にマメオは保育園に行ったかどうか聞いてみたら、

「まだ行ってないみたい。」との返事

 

結局その日は、登園拒否したようです。

バイクに乗るのを嫌がるので、無理やり連れて行くわけにもいかず、

登園は断念したのでした。

 

そして、次の日も朝から泣きっぱなしで登園拒否。

実家に連れて行くと、おばあちゃんの部屋に入って引きこもる。

僕ら両親なら無理やり保育園に連れて行くという手もあるのですが、

連れて行くのはお手伝いさんなので、そこまで無理はできません。

ということで、その日も保育園に行かずじまいでした。

 

また、マメオが毎朝泣きじゃくり嫌がるので、

妻のおかあさんも「かわいそうだからここにいろ」というし、

最終的にはマメオの粘り勝ちという形になりました。

 

ということで、マメオの2歳での保育園デビューも失敗に終わりました。

さて、いつになったらマメオは保育園デビューできるのでしょうか。

なんとか3歳には通わせたいと思っております。

保育園デビューしました>>

ベトナム人鬼嫁との子育て奮闘記 マメオ2歳の幼稚園デビュー成功編 VIET ANH SCHOOL

 

<筆者おすすめの記事>

ベトナム戦争でアメリカが撤退した3つの理由

意外と知られていない海外在住者に対する免税について

ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α

海外旅行保険のAIU PR
無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR


関連記事

  1. ベトナム人鬼嫁との子育て奮闘記 1歳の息子(マメオ)が靴を履くよ…

  2. ベトナム駐在の日本人へ、日本からお土産を持っていくなら何が良いか…

  3. ベトナム旅行でカジノへ行ってみよう カジノの楽しみ方

  4. A8サイトコンテスト2016入賞とAmeba公式トップブロガーデ…

  5. ベトナム人が日本人より幸せといわれる理由

  6. 「鬼嫁はやめなさい」というクリスマスプレゼントに対して真剣に考え…

おすすめ記事

  1. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  2. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  3. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
  4. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人の青春ストーリー。
  5. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチェック メルマガだけの裏話も

コメント

    • 野良犬
    • 2016年 5月 19日

    生まれて半年は嫁の実家その後は家でメイドさんに育ててもらったので
    保育園に行かせるのに苦労しました ベトナムでは子供甘やかし過ぎです
    私が子供に叱ると嫁とメイドさんに反発されるし 困ったものです
    四歳半になった今でも時々保育園に行くの嫌がります

  1. 野良犬様

    そうなんですよね。
    ベトナムでは男の子を甘やかしますよね。
    妻の家族は、息子に対して甘々です。

    ただ、妻だけが息子に対して厳しいです。
    僕に対しても厳しいですが(泣)

    なんとか3歳までには保育園に行かせるようがんばります。
    コメントありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク

ベトナムのライフスタイル

オススメ記事

  1. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  2. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  3. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  4. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  5. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  6. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  7. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  8. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…
  9. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  10. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営している魁人(Kai…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る