menu
閉じる
  1. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】前編
  2. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  3. VIETSTAR★サイトリニューアルとスマホアプリ配信のお知らせ
  4. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
  5. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  6. セゾンゴールドアメックスがコスパ高いと思っていたらもっとコスパの高いゴ…
  7. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  8. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α
  9. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷
  10. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を…
閉じる
閉じる
  1. 【長時間労働では報われない】あなたは適切な◯◯ができてる?
  2. 【2017年日本で一番売れている椅子】を作った僕が立ち上げた椅子サイト…
  3. VALUは怪しい? VALUはもうそういうポジションでいいじゃね
  4. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  5. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】前編
  6. あなたはいくつ制覇できるか? 厳選ベトナムの麺料理8選
  7. フエのトゥデゥック帝陵のセンスのよさよ
  8. VALUというプラットフォームに群がる猛者たちのリンク集
  9. ベトナム在住日本人カーストは存在するのか 男性編
  10. トレンド記事を書いてみた感想と忘備録
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ブラック企業を辞めたーーーい!! と思ったらまずすること

いままで、散々書いてきましたが、僕は新卒で入社したブラック企業で6年間も無駄な時間を過ごしてしまいました。

 ブラック企業時代にあった嫌なことをまとめてみた

現在ブラック企業で働いている方は、薄々感じているかもしれませんが、ブラック企業は長くいればいるほど辞めづらくなります。

  • 常に人手不足のため、一人の仕事量が多く、「自分が辞めると同僚に迷惑をかけてしまう。」と思い込んでいる。
  • 常に人手不足のため、辞めようとすると上司の引き止めに合う。「こんな時代に会社を辞めてもいまより良い待遇の会社があるわけがない」などネガティブな言葉を言われたり、あるはずのない義理を持ちだされたりする。

僕は以前の会社を辞めるとき、辞表を2回出しました。

1回目は、上司は冗談だと思ったらしく、なかなか話が進まないので、もう一度辞表を出しました。

ブラック企業を辞めたいと思ったら何をするべきか

僕は、ここ1~2年やっとまともな生活を送れるようになりましたが、2回目に就職した会社も、最初のブラック企業ほどではないですが、濃いグレー企業と言わざるえない会社でした。

社員が足りないから、1回の社長面接を通れば入社出来てしまうものの、社長の意にそぐわないとバンバンくびを切られる会社でした。

僕も何回か危うい場面がありましたが、6年経ってもなんとか生き残り今に至っています。

企業は年々成長しており、当初の濃いグレーから薄いグレー企業になりつつあります。

最近ではクビになる人は減るようになりました。そのせいで、以前は少数精鋭で会社を回していたのが、最近では特に優れた人ではない人(普通の人)が増えてきました。

また、入社当初は日曜出勤やサービス残業があったが、今では隔週週休二日制、基本的には残業禁止といったように会社が変わってまいりました。

ここで僕が言いたいことは、「数年経つ会社も変わる」ということではないです。

せっかくブラック企業を辞めたのにかかわらず、2社目でもそれほど良い企業に入れなかったということです。

それはなぜか。

キャリアの問題ではないです。

僕自信のマインドの問題です。

要は、最初のブラック企業で腐りきった根性が抜け切れずに、就職活動をしたため、次に引き寄せた会社もそれに近い企業だったということです。

せっかく会社を変わるなら、給料維持でもせめて待遇がよく働きやすい会社がいいですよね。でも、自分自身が腐っていたら、いくら就職活動しても内定するのは腐った会社しかありません。

ですので、ブラック企業を辞めたいと思ったら、まずは自分のマインドを変えないと、結局似たような企業に就職することとなり、「会社を変わっても以前と何もかわらない」ということになります。

では、どうやって自分自身のマインドを変えるのか。

ひとつは、このブログで紹介しているエッセンシャル思考をオススメします。

エッセンシャル思考のススメ 第1章 エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

まだ、4章までしか書けておりませんのが、解説は10章まで続けるつもりです。

辞表を出す前に、まずは自分のマインドを見なおしてみませんか。

そもそも、あなたの持っているマインドは本当にあなたのもの?

日本では、学校の先生の言うことを良く聞く生徒が評価されます。

いわゆる素直で真面目な生徒です。

学校教育では、素直で真面目な生徒を量産するために、

手を変え品を変え、私たちを教育してきました。

そして、社会に出て上司の言う通りにがんばります。

最初は素直で良い社員という評価になるでしょう。

ホワイト企業や上司の人格が優れていれば、それでもいいかもしれません。

しかし、ブラック企業やクソみたいな上司に当たってしまったら最悪です。

素直で真面目に働くほど、彼らに自分の人生を委ねているからです。

 エッセンシャル思考のススメ 第2章 選択ー選ぶ力を取り戻す

には、「自分の人生を思い通りにしたいなら、他人に自分の人生を選択させない」と出てきます。

素直に真面目に働くことは、上司に自分の人生の選択権を渡していることです。

それでは、何年たっても自分の人生が思い通りいくことがありません。

上にも書いたように、ホワイト企業や上司の人格が優れていれば、評価されて給与アップや昇給につながると思いますが、ブラック企業やクソ上司にいくら貢献してもそれは報われない行為です。

辞表を書く前に、まずは彼らの言いなりになる必要が本当にあるのか、それについて考えてみてはいかがでしょうか。

僕の会社には、自分より年上の50代の同僚(?)が何人かいますが、彼らを見ていると、彼らは自分の基準を持っていないです。

判断は全て上司や顧客まかせ。上司や顧客のいうがままにやればいい、そう思っている人が多いです。

そういう人たちに限って、大した結果を出していないです。

一貫した考えがない。「考えること」を、エッセンシャル思考でいうと「選択すること」を放棄している人たちです。

いまの日本はそんな人達ばかりになってしまいました。

コンビニや飲食店のバイトならそれでいいかもしれませんね。

でも、社会に出て働くのにそれだけでいいのでしょうか。

あなたの人生はあなたのものですから、会社や上司、親のものではありません。

最終的には、あなたの人生の責任をとるのはあなたです。

辞表を書く前に、あなたが望む人生はどういう人生か、一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

今よりいい仕事見つかるかも

 

関連記事

  1. 日本式は通用しない!? ベトナム人の人間関係を理解しよう!

  2. ベトナム戦争でアメリカが患ったベトナム症候群とは何か ベトナムナ…

  3. ブログを簡単にブランディングできてしまうWordPressのテー…

  4. マインドマップで自分の人生を棚卸し

  5. ブログが読まれない?読者がつかない?文章が弱くない?「強い文章力…

  6. ベトナムで働く前に気を付けておきたい落とし穴

おすすめ記事

  1. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  2. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】前編
  3. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  4. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  5. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
ベトナムのライフスタイル

オススメ記事

  1. こんにちは、魁人です。今回は、でんちゅうさんとHOCさんとの対談「完結編」となります。…
  2. こんにちは魁人です。今回は、VALUで出会ったベトナムブロガー、でんちゅうさんとHOCさんと…
  3. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  4. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  5. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  6. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  7. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  8. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  9. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  10. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る