menu
閉じる
  1. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  2. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  3. WordPressでベトナムブログを運営するメリットとデメリット そし…
  4. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  5. 1日2000PVある当サイトに広告を出しませんか? スポンサー募集のお…
  6. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷
  7. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  8. バックパッカーでは見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色
  9. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
  10. ここが嫌だよベトナム生活 2016
閉じる
閉じる
  1. 【連載 ベトナム中部の魅力①】 世界遺産 古都フエの歩き方 HUE
  2. どうしてベトナム人スタッフは大事なときに会社を休むのか
  3. ベトナム旅行 ハノイ?ホーチミン? どちらへ行くべきか 観光地と選び方…
  4. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  5. 【保存版】ベトナム首都ハノイへ行く前に知っておきたい12のこと
  6. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  7. 大公開!! 地獄の結婚式ツアー2013 3日目  日本式 結婚披露宴編…
  8. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
  9. ベトナムホーチミンは日本人のサークル活動が活発って本当!?
  10. ベトナム記事がアツい!!今注目の3つのブログ
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ベトナム人が日本人より幸せといわれる理由




毎年ベトジョーの記事では世界幸福度というものが取り上げられており、その幸福度ランキングでは、140ヵ国中ベトナムが5位(アジアでは1位)、日本が58位だそうです。

地球幸福度指数、ベトナムはアジア最高位の140か国中5位

なんとも怪しいランキングなのですが、「◇平均寿命、◇生活の満足度、◇収入の不平等、◇環境への負荷(エコロジカル・フットプリント)の4つの要素に基づいて算出したもの。」だそうです。

この記事を読んで、あなたはどう思いますか?

「ベトナムすげー!!」

でしょうか?

「なんでベトナムが5位?」「日本が58位ってどういうこと?」「当たり前じゃん、ベトナムは幸せだよ」

など多くの方が違った感想をお持ちになると思います。

でも、実際にベトナムに暮らしてみると、

「なんとなく、ベトナム人の方が日本人より幸せそうに感じます。」

日本人のほうが、収入が多く、医療もサービスも充実した環境にあるのに何故でしょうか。

(かつて、ベトナムは食料や物が足りない時期もありましたが、経済と流通が発達したいまは、それほどモノの不足を感じることはありません。)

頑張らないと認められない日本。頑張らなくてもいいベトナム

かつて、日本の学校で偏差値教育が問題になり、その反動でゆとり教育が実施されました。

土曜日の授業がなくなるというなんとも羨ましい制度だったのですが、僕はギリギリその恩恵をうけることができませんでした。

ゆとり教育を受けて育った世代をゆとり世代と揶揄されまるように、日本の社会ではゆとり世代より前の偏差値教育を受けた社会人が圧倒的に多く、いまだに体育会系が派閥を効かせ、根性論と上下関係を重視する縦社会の構造を持つ会社が多いです。

団塊の世代と呼ばれる人たちが作り上げてきた社会であり、70歳を過ぎた彼らはまだ権力にしがみつき、若い人たちに自分たちが経験した根性論を強要します。

かつての日本では、頑張れば頑張るほど、働けば働くほど、結果が出て収入につながりましたが、いまの成熟期を迎えた日本では、若い人たちが上の人達と同じように頑張っても収入につながらないので、頑張ることに疲れてしまいます。

そして、そこから逃げ出した人は、日本の社会のはみ出し者扱いされてしまいます。しかも、日本は物価が高いので、親のスネをかじらないと無収入では生きてはいけません。

また、日本では逆に高齢者の立場も悪くなりつつあります。高齢者が多くなった日本では、社会保障費の割合が日々高くなる問題を抱え、高齢者にたいする風当たりも日に日に強くなっているようです。特に核家族化が進んでしまった都心では、老人の一人暮らしがあまりにも多いです。それが彼らが望んでいた生活なのでしょうか。

さて、ベトナムはというと、ベトナムの社会形成は農村社会が基盤になっており、年寄りと若年者が相互に助け合って生活しております。親戚のつながりが強く、コネで仕事を見つける人が多いです。ベトナムでは、賃金が安いですが、そのため外国企業が進出してきており、特に工業ではポスト中国として注目されています。10年前ほどではないですが、いまでもベトナムでは就職が難しくないので、働きたいときに働き、休みたいときに休むのが習慣になっております。

また、共産国だけあり労働者の人権と立場は国がバックアップしてくれているので、残業代は必ず支給されます。ですので、日本にはびこるサービス残業などもなく、稼ぎたい人は働けば働くほど稼げるシステムになっています。

そしてベトナムは、日本と違って、働かない他人をを批難する習慣はないです。

はじめてベトナムに来たとき、バイクの上で寝ているオッサンがたくさんいて、「彼らは働かなくていいなー」と思いましたが、もしかしたら、彼らは灼熱の炎天下で四六時中客を待っているセオムであり、家族のために夜遅くまで働いているのかもしれません。

ベトナムでは、働かないのは自己責任なので、他人が働かない人をニートだ引きこもりだなどの、レッテルは貼りません。

働かないか働くかではなく、稼ぐか稼がないかということが基準になっています。稼ぎたければがんばって働けばいいし、稼ぎたいけど楽したいという人にも仕事があります。頑張らなくても良い社会なのです。

日本人はレッテル貼りが好きで、他人を貶めることで、自分を上位にして優越感を感じたいのです。逆にレッテルを貼られた人は、ひどく生きづらい社会になっています。頑張るのが当たり前。頑張らなければ半人前。その考えが日本の経済成長を支えてきたのは確かですが、結果としては幸せを感じずらい社会にもなってしまいました。

悲観的で計画的な日本人。楽観的で刹那的なベトナム人

もう9月ですが、先日、うちの鬼嫁(ベトナム人)に「テト休みどうする?」と聞きました。

「そんな先の話はまだいいでしょ。」と返されました。

一事が万事この調子です。あまりにも先のことについて考えない習慣をもつベトナム人。

というか、その時の状況を想像できないのか、そのときになってみないと判断できない、という考え方のようです。

また、問題が起きてたら、そのときにどうにかすればいい、と楽観的に構えております。もちろん、ベトナム人でも人それぞれ考え方が違いますし、地方によっても性格に偏りがあります。南部の人の方が気さくで楽観的、中部以北の人は気難しく慎重な傾向がありますが、それでも日本人と比べると楽観的で刹那的であると感じます。

先日、僕が日本に帰国したとき、母から出てきた話はなんとも悲観的でつまらなく、聞いていて嫌になる話ばかりでした。

やれ、「妹がガン」だの、「誰々が騙されそうだ」だの、「僕のいとこが仕事がない」だの、こんな嫌な話を連続して聞かされたら気分が悪くなります。ですから、あまり気分の悪くなる話はしないでくれと、母に言いました。

そもそも、ベトナムにいてもそんな嫌な話はめったに聞かないのに、どうして日本に行くとこんな嫌な話ばかり出てくるのか?

もしかしたら、それは自分が変わったからそう感じるのかもしれません。

日本にいて、人の悪口や噂ばかり聞かされていたら、それが普通になるけれど、ベトナム人に囲まれて楽観的に暮らしているだけで、気分よく生活出来ている自分に気がついたのでした。

ベトナム人の収入は日本人に比べれば収入が低いですが、彼らは自分たちが貧しいとは思っていないし、計画的ではないですが自分たちのやりたいことをしながら生きています。

それについて他人がどうこう言うわけではないのです。また、家族のつながりが強く、年老いて引退したら子供たちの家族と共にくらし、料理を作り、時には孫の面倒をみます。人間の理想的な家族形成のかたちが残っています。若年者は高齢者を敬い、高齢者は若年者を立てて、次の時代へとバトンタッチすることを理解しています。

日本の場合は、高齢者がえばり過ぎるので、若年者は高齢者を避けてしまいます。また、「独り立ち」という言葉はカッコよく聞こえますが、人間は助け合い相互の関係を築かないのに生きて行けないのに、核家族化や独り立ちを推進してしまった結果、孤独な老人とワンオペ育児ママを生み出してしまいました。

今回の幸福度の基準は、「◇平均寿命、◇生活の満足度、◇収入の不平等、◇環境への負荷(エコロジカル・フットプリント)の4つの要素に基づいて算出したもの。」とのことでしたが、実際にそれで幸福度が測れるのかどうか疑問です。

しかし、一番分かりやすい幸福度の測り方があります。

それは、「笑顔」の数です。本当に幸せなら「笑顔」が絶えないはずです。

いくらお金持ちになっても、いくら好きなものを手に入れても、心から笑顔で笑えない人は幸せではない。

僕はそう思います。


無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR

関連記事

  1. ベトナム ホーチミンのチップはいくら? MASSAGE(マッサー…

  2. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α

  3. ベトナム ホーチミンのタクシー事情 どのタクシーに乗ればいいの?…

  4. ノイバイ空港からハノイ市内へは86番のバスがオススメ

  5. 給料筒抜けのベトナム人社会 あなたの給料もみんなに知られてる!?…

  6. 最近ベトナムで話題のUberタクシーに乗ってみました!

おすすめ記事

  1. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人の青春ストーリー。
  2. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチェック メルマガだけの裏話も
  3. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉はほぼ温水プール
  4. ベトナムのホテルを賢く予約する方法 トリパゴとBooking.com
  5. WordPressでベトナムブログを運営するメリットとデメリット そしてその先の世界へ

スポンサードリンク

オススメ記事

  1. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  2. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  3. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  4. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  5. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…
  6. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  7. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営している魁人(Kai…
  8. こんにちは、最近アフィリエイト記事ばかり書いていた魁人です。今日は、ちょっと…
  9. こんにちは魁人です。以前、こんな記事を書きました。ベトナム駐在の日本人へ、日本からお…
  10. こんにちは魁人です。最近、アメブロの更新に追われ、こちらのブログがおろそかになっております。…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る