BLOG

ここが嫌だよベトナム生活 2016




このブログでは、さぞかし「ベトナムは天国」みたいなことばかり書いてきてしまいました。

幸せ大国ベトナムに行ってみよう!! ベトナムのいいところ 2015年版

ベトナム人が日本人より幸せといわれる理由

 

でも、実際住んでみるといいことばかりではなくて、嫌なこともあるわけです。

今回はそんなベトナムの嫌なところをまとめてみました。

 

1.車の中クーラー効きすぎ

ベトナムでは車に乗ると、運転手さんがクーラーを最大にしてくれます。

これは、サービスなのか習慣なのか・・・。

ベトナムは暑いですから、とてもありがたいのですが、

しばらくするとクーラーが効きすぎて寒くなってきます。

僕は、車対策のためいつもパーカーを持ち歩いています。

 

2.クラクションがうるさい!!

これは、運転手さんによりますが、

タクシーやバスは5秒に1回くらいクラクションを鳴らしながら走ります。

車の中にいてもうるさいし、バイクで走っていて抜きざまにクラクションを鳴らされると、

耳が割れそうになるときがあります。

ただ、ベトナムの場合は確かにクラクションの必然性がある時があるのですが、昔の暴走族みたいに常にクラクションを鳴らされるとイラっときてしまいます。

 

3.逆走バイクが多い

バイク乗っていて一番困るのが逆走バイクが多いことです。

バイク大国ベトナムでバイクを乗る時に注意すること!!

この記事でも紹介していますが、とにかく逆走バイクに注意していないと、

ちょっとよそ見すると目の前に逆走バイクが現れるときがあります。

混んでてもこの逆走バイクが現れるので、余計渋滞がひどくなります。

 

4.横入りが多い

最近のコンビニやスーパーでは店員さんが注意してくれるところもありますが、

レジに並んでいると横入りする人がいます。

とにかく、道を走っていてもそうですが、「我先に」行く人が多い。

以前、映画のチケットを買うのに並んでいてレジの前まで来たのに、

後ろから注文をした人が次々とチケットを買って行きました。

郵便局で荷物を送ろうとした時に、外国人が横入りしてきて

「Vietnamese style!!」

とわけわからないことを言われた時もありました。

日本では列に並んでいれば順番がまわってきますが、

ベトナムでは体でガードして横入りされないように気をつける必要があります。

 

雨季の雨

 

ベトナムでは雨季に入ると、ほぼ毎日のように夕方激しい雨が降ります。

しかも、ちょうど帰宅時間に重なるので、

大雨の中、子どもと鬼嫁二人を乗せて走ることもしばしば。

一人ならいいのですが、家族と一緒に大雨の走行はしんどいです。

しかも大雨なのに、スピードを出すバカもいるので、こういうのが後ろから突っ込んでこないかと気にしながら走るんです。

 

飯食え飯食え

 

夕方は鬼嫁の実家で夕食をとるのですが、

嫁のお母さんが「飯食えもっと食え」とご飯をススメてきます。

時々、自分の口に合わない料理もありそんな時は、あまりご飯を食べたくないのですが、

がんばってご飯2杯食べています。

 

ローカルの病院が不清潔

 

以前、息子が風邪引いたときにローカルの病院に入院したのですが、

とにかく清潔感がない。

タコ部屋にいれられて、うちの息子は眠いのに、他の子供の家族がうるさくて眠れない。

僕は、「こんな病院すぐ出て家に帰ろう!!」と言ったのですが、ドクターの許可がないと病院を出れないとのことで、出入り口は警備員が固めています。

二度とローカルの病院なんか入れるか!!

っとおもったのですが、外資系の病院はめちゃくちゃ高いんですよね。

僕は海外保険に入っているからいいですが、子供は入っていないので外資系の病院に行っても保険がおりないんです。

ちなみに、外資系・日系と言っても注意が必要です。

ベトナム ホーチミンでの日系クリニックの診察料について

 

ベトナムでは医療が一番の悩みのタネかもしれません。

 

治安がイマイチ

 

これは贅沢な話。

日本に比べて治安のいい国をさがすのが難しいですね。

ベトナムで命をとられることはマレですが、

ひったくりやらスリ・強盗は結構います。

スリ ひったくりの聖地! ホーチミンでの被害事例

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧




ベトナムのライフスタイル

最近の記事

Twitter でフォロー

そうだ ベトナム行こう

人気ブログランキングへ