BLOG

日本出張の際に快適なネット環境を整える方法

こんにちは魁人です。

11月末から日本へ1週間出張していました。

日本では、無料のWifiスポットが日に日に増えていて、帰国する度に便利になっているのを感じます。

日本のうれしい無料Wifiスポット

◎大きな駅には無料Wifiがとんでいる

◎スターバックス/タリーズなど無料Wifiのあるカフェ

◎JALの機内では無料高速Wifiがある

場所を選べば、Wifiが使えるので日本でスマホを持っていなくても、ベトナムから持っていったスマホでネットが使えます。

これは明らかに東京オリンピックのおかげですね。

日本に来る外国人は2020年までは増えていくことでしょう。

 

無料Wifiだけじゃ物足りない

ただ、仕事でもプライベートでもネットにつながっていないと困る、僕みたいな人が日本で常にネットを利用する方法は2つあります。

1)プリペイド式SIMカードを購入する。

空港にSIMカードの自動販売機があるので、気軽に購入することができます。

ただし、ネットの利用の上限があるので気をつけてくださいね。
日本全国で利用できるプリペイド型SIMカード「BIGLOBE NINJA SIM」

2)Wifiルーターをレンタルする

Wifiルーターをレンタルすれば、自分の海外スマホもノートPCもタブレットも、そしてあなたの同行者もネットが使えるようになります。

4Gなら高速のインターネットが使用できます。

需要があるためか、Wifiレンタルのサービスも多いです。

Internet in Japan!【NINJA WiFi】

【WiFiレンタル.com】

SoftBank Wi-Fiルーター

Wifi東京なら日額216円でWiFiルーターをレンタルできる

Wifi東京のルーターをレンタルしてみた

今回は日額で借りられるWifi東京のルーターをレンタルしました。

届いたのは、ルーターと充電器とマニュアル、それと返却用ゆうパックの封筒。

Wifi東京を1週間レンタルする費用

レンタル料 1日500円 × 7日間 = 3500円

送料 1200円

合計 5700円

結構かかりました。

15日だと レンタル料4000円

30日だと レンタル料6500円

になるそうです。送料は別にかかるので気をつけてくださいね。

使い心地はどーよ?

比較する対象がわるいけど、首都圏で使う分にはベトナムの我が家で使うネットより速くて快適。

ただし、田舎に行くと4Gの電波が入らない場所がある。

新幹線で使用していると時々電波が途切れました。

Y-mobileの端末なので、電波のエリアはこちらで確認下さい。

http://www.ymobile.jp/area/map/

 

電池はそれなりに持つものの、ネットのハードユーザーは毎晩充電した方が無難でしょう。

Wifi東京ルーター受取と返却方法

僕は、ルーター実家に送ってもらいましたが、空港の郵便局で受け取ることも可能です。

返却は、同梱されているゆうパックの封筒にWifiルーターと充電器を入れて、郵便ポストに入れればOK。

 

通信容量について

アドバンスモード(無制限・4G)は3日で10GB制限となっております。
10GB超えると当日18時から25時まで速度制限がかかります。 時間を過ぎると自動で3
日で10GB制限に戻ります。お客様への出荷時の設定はアドバンスモード(無制限・4G)になっております。

「通信容量の保証」
WiFi東京rentalshopでは、月の途中からWiFiレンタルを開始しても安心してご利用いただけるよう、同月内3GB以上の通信容量を保証しています。
3GBの通信量の目安
《動画の視聴》 約15時間(384kbpsスマホサイズで計算)
《WEBサイト閲覧》 約2万ページ
《メールの送受信》 約800万通(30文字前後のテキストメールで計算)
《VOIP通話(LINEの音声通話等)》 約93時間(500KB/分として計算
《楽曲ダウンロード》約750曲(3分50秒/曲で計算)

だそうです。

よほど、動画漬けにならない限りは、通信容量オーバーになることはないでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧




ベトナムのライフスタイル

最近の記事

Twitter でフォロー

そうだ ベトナム行こう

人気ブログランキングへ