menu
閉じる
  1. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を…
  2. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  3. 眠れない夜に読む恋愛
  4. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  5. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  6. ベトナム移住を後悔しないために、海外旅行と海外生活の違い知っておこう
  7. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
  8. ベトナムの空港で命は取られないが、お金は盗られる
  9. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブ…
  10. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α
閉じる
閉じる
  1. トレンド記事を書いてみた感想と忘備録
  2. 【Falling in Foreign LOVE】ベトナムのフエについ…
  3. 越境ECで「たくさんの笑顔を世界中に!」グローイングワンの理念が熱い!…
  4. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  5. 【ジリ貧生活とサヨナラ】不幸になる才能の確かめ方
  6. ベトナム在住日本人カーストは存在するのか 女子編
  7. 雑貨天国とコロニアル建築天国! 知っておきたいホーチミンを楽しく買い物…
  8. カントー市の水上マーケットでもっと楽しむための基礎知識
  9. 【海外ライフを送ろう!】 ベトナム大好き小僧が海外旅行を10倍楽しむ情…
  10. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブ…
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ベトナムにオバマさん初訪問 ベトナム人の歓迎っぷりがすごい!!




オバマさんがベトナムにいらしているということで、

交通規制やらなにやら大変なことになっています。

 

昨日(2016年5月24日)

オバマさんは越米関係について、「ベトナムの領土はベトナムの王のもの」というリー(李)朝(1009~1225年)時代の武将リー・トゥオン・キエット(Ly Thuong Kiet)の詩を引用し、「ベトナムは何世紀もの間、他国に支配される運命にあったが、不屈の精神で独立した」とした上で、「ベトナムの独立と主権を他国が侵すことはできない」と述べたそうです。

 

良くもヌケヌケとそんなことを言やがる!!このやろう!!

アメリカがベトナムにどんなことをしてきたのか知ってて言っているのか!?

 

と思うのは外国人(日本人?)だけで、

オバマさんはやけにベトナム人に歓迎されているようです。

 

このブログでは、さんざんベトナム戦争の悲惨さを紹介してきました。

たとえば、この記事「ベトナム戦争の被害及び犠牲者 まとめ」これを読んで頂ければ、

アメリカがベトナムにどれだけ酷いことをしたかすぐ分かって頂けると思います。

 

ベトナム戦争が約50年前のこととはいえ、いまの60代以上のベトナム人は戦争の悲惨さを十分に覚えているはずです。

それなのに、このオバマさんの歓迎っぷりはいったいなんなのでしょうか?

obama1 obama2

 

ベトナム人には日本人や韓国人のように過去を引きずらないおおらかさがあるのでしょうか。

それとも、中国が嫌いな分、中国と対抗してくれるアメリカが好きなのでしょうか。

もはや隣人愛としかいいようがありません。

 

obama3

 

僕は本当に不思議でした。

 

ただ、一つだけ思い出したことがありました。

 

ベトナムは、ベトナム戦争でアメリカに勝っているのです。

 

ベトナム戦争は、まさに子供対大人の戦いでした。

土足で踏み込んできた泥棒を、ホームアローンのごとく、子供が追い払ったのです。

多くの犠牲の上ですが、事実上ベトナムはアメリカに勝っているのです。

 

 

キングダムで信が白老に、「最後に勝った奴が勝ちだ。」的なことを言っていますが、

まさにそれで、ベトナムはアメリカに好き放題やられましたが、

最終的には追い出したのです。

 

ですので、ベトナム人のアイデンティティの要因にもなっています。

ベトナムは、フランスにも勝った、アメリカにも勝った。

そう思い込んでいるベトナム人は多いです。

 

いくら被害を受けたとはいえ、ベトナムはアメリカに勝っているので、

アメリカを恨むということがないのだと思うのです。

 

むしろ近年は、アメリカの映画や音楽はベトナムに浸透しておりますので、

アメリカ文化に対しての親近感は非常に高いのです。

 

まぁ、過去にこだわらず、明るい未来の為に両国が歩み寄るのは良いことだと思います。

 

最後にオバマさんの足あとをリンクしておきます。

オバマさんは任期があと6ヶ月とうことで、レガシー(遺産)づくりに躍起になっているそうです。

このベトナム訪問も、過去に名を残すためのパフォーマンスとしかいいようがないです。

 

「米国はベトナムのパートナーに」、米大統領がハノイで演説 (16/05/25)

オバマ米大統領、ハノイでブンチャーに舌鼓―創業20年のローカル店 (16/05/24)

米政府、対越武器禁輸を全面解除―クアン国家主席とオバマ大統領が会談 (16/05/23)

 

 

さて、ベトナムの後はオバマさんは広島に訪問予定ですが、

日本人はどのような歓迎をするのでしょうか。

気になるところですね。



 

<この記事も読まれています>

ベトナム戦争の被害及び犠牲者 まとめ

ベトナム戦争でアメリカが撤退した3つの理由 ベトナムナビ

ベトナムでのバイク免許の取得方法>>

最速ベトナム語学習方法 通じるベトナム語の学び方>>

ベトナム人の英語力は本当に日本人より高いのか>>

ベトナムでビジネスを成功させるために絶対に必要なもの>>

輸出ビジネスワークショップセミナー

 

関連記事

  1. ベトナムの歴史から考える ベトナムで日本人が安全に暮らせる理由

  2. ベトナム ホーチミンのタクシー事情 どのタクシーに乗ればいいの?…

  3. 徹底検証!! ベトナムのバイクは何人乗りまで可能なのか!? 珍バ…

  4. リニューアルしたグエンフエ通りに出来たThe Long。ここのピ…

  5. ベトナムで「君の名は。」がヒットしなかった理由

  6. ベトナム ホーチミンでの日系クリニックの診察料について

おすすめ記事

  1. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  2. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  3. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
  4. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人の青春ストーリー。
  5. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチェック メルマガだけの裏話も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク

ベトナムのライフスタイル

オススメ記事

  1. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  2. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  3. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  4. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  5. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  6. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  7. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  8. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…
  9. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  10. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営している魁人(Kai…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る