話題のLCCに乗ってみた!! JETSTARは成田空港第3ターミナルから出発




話題のLCC JETSTAR

今回の日本出張は突然決まりました。

そのため、福岡からベトナムに戻るチケットがとれませんでした。

 

やむなく成田からベトナムに戻ることにしました。

 

そこで、成田-福岡往復に利用したのが、

LCCのJETSTAR

成田→福岡 片道1万円以下です。

 

新幹線はもちろん、他の羽田発の国内線より安いですね。

 

しかし、東京都内から成田空港への電車代は安くても1000円以上はするため、

交通費を計算する場合は、電車賃を含めて計算した方がいいですよ。

JETSTARはホームページから簡単に予約することができますが、

クレジットカード払いの場合は、カード手数料が発生しました。

 

JETSTARのエコノミークラスは3タイプ

 

1.Starter運賃

2.ちゃっかりPLUS(Starter+1450円)

3.しっかりMAX(Starter+12290円)

 

僕がとったチケットは2番めでプラス1450円になります。

 

  • 1番だと荷持が預けられないため、日帰りか里帰りする人意外は無理だと思います。
  • 2番は払い戻しができませんが、同空港での日時変更はできます。(席が空いている場合のみ)
  • 3番は追加料金が1万円以上となり、他の航空会社とあまりかわらない価格になってしまいます。

 

JETSTARの出発地は成田空港第3ターミナル

 

ローカル空港 成田空港第3ターミナル

成田空港はよく利用しておりますが、第3ターミナルにははじめて来ました。

アクセスは、空港第2ビル駅で降りて、徒歩もしくは第3ターミナル行きのシャトルバスで行けます。

僕は、寒かったのでバスに乗ってしまいましたが、歩いても第2ターミナルから700mくらいです。

第3ターミナルは、国際線と国内線両方発着しております。

日本の主要都市への国内線が出ているので、海外から来た観光客には羽田空港より利用しやすいと思いました。

また、この空港を利用している飛行機の半分以上がJETSTARのようで、JETSTARのための空港と言っても過言ではないようです。

香港や台湾への直行便がありますので、ここの利用客はアジア人が圧倒的に多いです。

 

空港の規模は小さく、お店は数店舗のみ、それとフードコートがあるだけでした。

もし空港で買い物をしたいなら、まず第2ターミナルに行かれる方が賢明です。

 

JETSTARでの機内食

JETSTARでは、無料の機内食はありませんが、

予約時にお弁当を注文することが出来ます。

お弁当を予約していなくても、機内にてJETSTAR CAFÉというメニューに載っている、ホットドックやベーグルなどを注文することができます。

とはいえ、注文する人はほとんど見受けられませんでした。

 

あまり嬉しくないフライトバウチャー

 

JETSTARを利用するとフライトバウチャーがもらえます。

今回、成田→福岡の往復で貯まったバウチャーは400円相当でした。

しかも有効期限が半年間という期限付き。

 

JETSTARは確かに安いですが、期限付きのバウチャーなど使う可能性は低いので、

あまり嬉しくないですね。

 

宿泊は東横イン成田空港

 

往路の福岡からの便は成田到着22:30ということで、

その夜は「東横イン成田空港」に泊まりました。

 

JETSTAR利用者にはオススメのホテルかと思います。

翌日空港利用のある方には便利です。

JETSTARご利用の方は合わせて泊まられるとよいかとおもいます。


たびらいで国内格安ツアーを検索

関連記事

  1. ベトナム最低賃金引き上げについて 2016年

  2. Binh Duong ビンズンで唯一日本人のいる美容室 Hair Sa…

  3. 大阪のホテルが空いていない!? 関西国際空港から海外へ行く前はこの街に…

  4. 厳選!!ベトナムのスーパーで買えるお手頃なベトナム土産 食べ物編

  5. ベトナム在住日本人カーストは存在するのか 女子編

  6. 日本出張の際に快適なネット環境を整える方法

Ameba公式トップブロガー

ベトナムのオカマ うんこたん

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

画像一覧

人気ブログランキングへ