ベトナムでパスポートの更新 在ホーチミン日本国総領事館へ行ってみよう パート2

前回の記事は、領事館へいったら、休館日だったというなんとも虚しいお話でした。

今回はそのお話の続きです。

入館時刻を確認しよう

前回の記事では、
執務時間は、8:30~12:00、13:00~17:15

と書いてしまいました。

これは非常に紛らわしいですね。
領事館に電話して確認したところ

窓口取扱い時間:領事窓口:月曜日から金曜日まで(祝日を除く)

・08:30 から12:00

・13:15 から16:45

とのことでした。
執務時間と窓口の開いてる時間は違いますので気をつけましょう。
ホーチミンは夕方渋滞しますので、ギリギリになりそうな方は16:30着を目安に出発されたほうが良いかと思います。

夕方は来館者が少ない

午前中に領事館へ行かれた方は、ご存知かと思いますが、日本への査証の申請は午前中しか受け付けていないため、午前中はビザ申請のベトナム人でごった返しております。

しかし、午後は比較的空いており、僕が到着した16:30には誰もおりませんでした。
繰り返しになりますが、窓口の時間は16:45までのため、1分でも過ぎると入館できないそうです。
くれぐれもお気をつけ下さい。

16:30に到着しましたが、パスポートの申請書も記入済みであったため、10分もかからずに申請はおわりました。
ちなみに、日本に住民票がある方でも、ベトナム長期在住者はベトナムの住所も記入しなければなりません。英語(ローマ字)で結構とのことなので、ベトナムでの住所もすぐわかるよう準備しておきましょう。

パスポートの発行は3営業日後?

今回、僕の申請したのは8月12日(金)でした。パスポートの受取は17日(水)でしたので、実質3営業日後ということだと思います。

意外と早いですよね。
10年パスポートで2,910,000₫でした。
料金は、申請時に教えてもらえます。

支払いは、パスポート受け取り時になります。
なお、パスポートの受取は本人のみ可です。

パスポート申請時に旧パスポートを渡してしまいますが、レジテンスカードがあればパスポート受取の際に入館できます。
レジテンスカードがない人は、どうなるのかわかりません。
何かしらの方法で入館は可能なのだと思います。

パスポート受取の日、午前9時は多くの来館者

9月に日本出張が決まってしまい、急ぎでワークパーミットの更新が必要になったので、パスポート発給日の朝、領事館へ突撃しました。
到着したのは9時、外にはベトナム人の行列ができていますが、日本人は優先的に入館できます。

しかし以前、妻の日本行きのビザをとる際は、妻までは優先的に入館できませんでした。
もしベトナム人の日本ビザをとるために領事館へ行くなら、8時ころには着いて待っていたほうが良いです。

今回9時に到着し、入館後の整理券を取ると、旅券発行の待ち人数は「0」でした。
しかし、査証の待ち人数は「20人以上」いました。

旅券発行の待ち人はいないので、整理券をとるとすぐに呼ばれました。
日本人女性の方が出てきて、パスポートの引換券を渡すと、すぐ新しいパスポートが出てきました。

さらにお金を渡すと、
「おかけになってお待ちくださーい」
と言って、パスポートを持ってその女性はいなくなりました。

レジテンスカードがない!

てか、あいてる席とかねーし!

と思い、しばらく立って待っているとすぐ名前を呼ばれました。
そして、古いパスポートと新しいパスポートを、窓口越しとはいえ投げるように渡して、その女性は先ほどと同様にそそくさと去って行きました。

さて、前回の記事でも書きましたが、この領事館は評判がすこぶる悪いです。
「税金の無駄だ」
とのコメントもいただいております。

流石に僕も警戒していたのですぐに気付きました。
やっぱり、レジテンスカードがない!!

パスポートを2部返してくれたのはいいですが、レジテンスカードが返ってきていません!!
窓口に出てきたベトナム人の方に、さっきの女性を読んでもらうようすぐに頼みました。
女性の方はすぐ出てきてくれましたので、レジテンスカードがない旨を伝えました。
「すいません。奥の方に入っちゃって気が付きませんでしたぁ。」

ここは、ベトナムの役場より酷いかもしれません。
もし気づかないまま、領事館をでてビンズンに戻ってしまっていたら、また仕事を休んでここまで来なければなりませんでした。
もちろん、その女性はレジテンスカードを投げるように渡すと、また窓口の裏側へ去って行きました。

怒るよりも呆れてしまい、何も言えませんでした。

僕なんかまだいいほうかもしれません。
ホーチミン市からもっと遠く離れた都市から、わざわざやってきてこんなミスされたらタマリマセンね。

在ホーチミン総領事館は、日本とベトナムの架け橋

そうえば、つい先日ここのボスがホーチミン経済新聞というサイトのインタビューを受けていました。

日本とベトナムとの懸け橋 在ホーチミン日本国総領事館

日本とベトナムの架け橋も大事かもしれませんが、故郷を離れて外国で暮らす日本人は、不安もたくさんあります。
トラブルに巻き込まれることもあります。
そんな人達をもっと心よく受け入れる体制をつくってもらいたいものです。

お役所仕事なので、土日祝休みというのはわかりました。
24時間窓口を開けてくれともいいません。

窓口の方には、もっと親身に対応してほしいです。
それと、ベトナム人に対する上から目線をやめて欲しいです。
言っていることと、やっていることの差がありすぎて、ここのボスのマネジメント能力が疑われます。
まずは、現場を改善してから、お題目を述べて頂きたいです。

ちなみに、領事館に電話すると、待たされたあげく
「また後でかけなおしくれ」
みたいなことを自動音声の英語で言われ、一方的に電話を切られます。

僕は、なれていますから、懲りずに何度も電話します。
そうすると女性の方が電話に出てくれます。
何回電話を切られても、めげずにかけなおしましょう。

レタントンから総領事館への歩いて行ってみよう

ちなみに、パスポート申請時に総領事館からレタントンまで歩いてみました。
ちょうど30分くらいかかりました。

レタントンから歩く場合

レタントン → サイゴン教会 → 大統領官邸 → 戦争博物館を正面に見て右側の道を突き進む

→ ディンビンフー通りに出たら左に曲がり、後はまっすぐ歩くと左側に建物が見えてきます。

ホーチミンに慣れた方なら、分かりやすい道だと思います。

関連記事

  1. ここが嫌だよベトナム生活 2016

  2. ベトナムにオバマさん初訪問 ベトナム人の歓迎っぷりがすごい!!

  3. 日本式は通用しない!? ベトナム人の人間関係を理解しよう!

  4. Vietnam Airlines 続・ベトナム航空の機内食は食べるべき…

  5. ベトナム 労働許可書の更新は何日かかる? 続 在ホーチミン日本総領事館…

  6. 【海外生活に慣れるまで】非日常が日常に変わるまでに必要な期間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Ameba公式トップブロガー

ベトナムのオカマ うんこたん

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

画像一覧

人気ブログランキングへ