ベトナム 労働許可書の更新は何日かかる? 続 在ホーチミン日本総領事館へ行ってみよう!





前回は、日本領事館でワークパーミット(労働許可書)を取られたまま、忘れられたというお話でした。

ベトナムでパスポートの更新 在ホーチミン日本国総領事館へ行ってみよう パート2

 

なんとか、パスポートを更新して、労働許可書を取り返したのが8月17日でした。

 

僕が、焦っていたのは、9月3日から日本出張の予定があったからです。

それまでに労働許可書を更新しなければなりません。

 

なぜなら、パスポートを更新してしまうと、労働許可書は期限が残っていても無効になってしまうからです。

例えば、僕の場合は、パスポートの期限が2016年11月末でした。

そして、労働許可書の有効期限が11月1日。

 

変な感じはないのですが、日越往復が多い方がすぐお気づきになると思います。

ビザがあっても、ベトナムの入国の際に、パスポートの有効期限3ヶ月以上必要となります。

9月にいまのパスポートのまま日本へ出張してしまうと、ベトナムに入国できない可能性が出てきます。

 

ですので、今回は急いでパスポートの更新をしたのでした。

さらに、上に書いたように、パスポートを更新すると労働許可書は無効になってしまうので、

労働許可書も急ぎで更新しなければなりませんでした。

 

労働許可書申請から受け取りまでの期間

ベトナムの労働許可書といえば、取得が難しいイメージがありませんか?

 

アイコニックのサイトに詳しく書いてあったのでリンクしておきます。分かりやすいです。

ベトナムの労働許可証(ワークパーミット)取得方法|アイコニック

2016年の改正情報もリンクします。こちらはHR-LINK

ベトナム労働許可証関連の法改正について〔2016年2月〕

 

 

HR-LINKの記事では、労働許可書の申請→受け取りまで7業務日とあります。

今回、確かに、これくらいの日数でできました。

僕の場合は更新だったので、パスポートを社内の総務に渡してから10日間で新しい労働許可書をもらえました。

 

 

しかし、新規取得の場合は、無犯罪証明書やらなにやら書類を揃えるのに時間がかかります。

もう何年も前の話なので、よく覚えておりませんが、1ヶ月以上かかったと思います。

うちの会社は総務が手続きに慣れているので早いですが、全く未経験のスタッフに頼むと大変な事になると思います(?)

それと、「2流大学とはいえ、大卒でよかったなぁ」と思ったのはこの時はじめてでした。

 

労働許可書の有効期限

 

今回、僕がもらった労働許可書の有効期限は1年と2ヶ月でした。

最初取得した時は2年ほどあったのですが、その後の更新ではここ2回とも有効期限1年ちょっとです。

 

 

それと、前回からカードが一回り小さくなり、パスポートに挟むとどこにあるかわからない仕様になってしまいました。

失くしたら困るので、僕はパスポートのページにホッチキスでとめています。

ちなみに、最初セロテープで貼り付けていたら、入国審査官に「剥がせ」と言われました。

ホッチキスにしてからは、特に何も言われておりません。

 

ところで、僕は奥さんがベトナム人なので、配偶者ビザというのも取得可能です。

5年ビザがとれるようですが、3ヶ月に一度更新しなければいけないということで、なんともめんどくさそうなビザでございます。

 

配偶者ビザよりも4PSのプロシュートマルゲリータピザを食べたいと思ったところで、今回は終わりとさせていただきます。

ベトナムホーチミンにある名店 当日予約の出来ない店 Pizza 4P’s 大人気になった3つの理由

リニューアルしたグエンフエ通りに出来たThe Long。ここのピザは4PSのパクリか?!

無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR



関連記事

  1. ホーチミン駐在初心者必見! 日本人街タイバンルンに潜む罠

  2. ベトナム移住を後悔しないために、海外旅行と海外生活の違い知っておこう

  3. ブラック企業を辞めたーーーい!! と思ったらまずすること

  4. ベトナム人鬼嫁との子育て奮闘記 子供に締め出された!さぁどーする? 

  5. ベトナム人女性と国際結婚する前に確認しておきたい5つのこと 本当に結婚…

  6. Bình Dương ベトナム南部にあるビンズン省ってどんなところ??…

Ameba公式トップブロガー

ベトナムのオカマ うんこたん

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

画像一覧

人気ブログランキングへ