「示談金はいくら?」 バイク大国ベトナムで事故ったらどうなるか【後編】 

こんにちはかいとです。
前回の記事で、車がちょっとバイクにぶつかって、バイクの修理代どうするよ~?
ってお話を書きました。

バイクの修理代を払えば済む話だと思ったら、ちょっと違いました。
ここからは、状況をリアルに説明するため「常体」で文を書きます。

事故翌日の朝

先日の事故現場は、従業員をピックする場所。
だから、毎日そこで車は停まる。

次の日の朝、そこにまたあのオッチャンがいた。
バイクの修理代1.7tr(約8500円)払えば済むはずだったが、オッチャンはまた言いがかりを付けてきているようだ。
元々の要求額3tr(1万5千円)払えと言っている。

運転手とバイクのオッチャンが多少口論していたが、「時間もないし、金もない」と言ってその日はそこを去った。

でも、その場所は毎日停まらなければ行けない場所。
明日もそのオッチャンは待っている。
毎日待ち伏せされるわけにはいけないし、翌日には話をつけなければならない。

その日の帰り、運転手は言った。

「明日は、魁人も手伝ってくれ!!」

と、冗談か本気かわからない。

決戦の朝

ベトナムでは、バイクの事故からストリートファイトに発展することも珍しくない。
もちろん、話し合いに行くのだけど、逆上したオッチャンは殴ってくることも想定内。

「よし、その時は僕も参戦だ!!」

いやいや、向こうが手を出して来た証拠を残すために、車内の安全な場所からカメラを回すことに(←タダのビビリw)

あ、ここまで読んで、
「さっさと要求額を払えばいいじゃん!!」
って思ったあなたは正解。
ベトナムでは相手がナイフとか持っている場合もあるので、お金で済むならさっさとお金を払って済ました方が良い。

でも、うちの運転手は3tr(1万5千円)に納得出来なかったみたい。

交渉は暗礁に乗り上げた。

オッチャンは、車が移動できないように、バイクを車の前に移動。
これは、車とバイクが事故った場合の常套手段。←よく見るw
どうっすか、オッチャンなかなか悪そうな顔でしょ。
ちなみに、オッチャンが何を言っていたかというと、
「金払わないならヤクザ呼ぶ」
と脅していたとか。警察じゃなくてヤクザってところがベトナムっぽい。

結局いくら?

で、いつまで話し合っていても拉致があかないし、明日も待ち伏せされたら困る。いい加減、金で解決するしかない。
オッチャンの要求額は3tr
バイクの修理代(実費)は、1.7tr

実費以外に支払うのは示談金ってとこか。
で、この示談金として追加で支払ったのは、1tr(5千円)

最終的には、2.7tr支払うことになった。
オッチャンの要求額から10%ダウンで話がついた。

次の日

「また、あのオッチャンいるか?」

と思ったが、流石にいなかった。
リピーターのクレーマーではなかったようだ。

あ、そうそう追加で支払った示談金は、もちろんみんなからカンパして集めてた。
連帯責任ってのが、村社会から続いてるベトナム式。

関連記事

  1. ベトナム 労働許可書の更新は何日かかる? 続 在ホーチミン日本総領事館…

  2. ベトナム最低賃金引き上げについて 2016年

  3. 人生に行き詰まったときに試して欲しい6つの方法

  4. 別れが来る日がある前提で恋愛をしてもよいものか

  5. ベトナム式 クリスマスイブの過ごし方

  6. ベトナムで新発売されたNISSINのカップヌードルシーフードを食べてみ…

Booking.com

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

  1. ハノイ大聖堂

画像一覧

人気ブログランキングへ