menu
閉じる
  1. バックパッカーでは見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色
  2. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  3. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  4. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
  5. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
  6. セゾンゴールドアメックスがコスパ高いと思っていたらもっとコスパの高いゴ…
  7. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  8. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  9. ベトナムのホテルを賢く予約する方法 トリパゴとBooking.com
  10. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
閉じる
閉じる
  1. トランクをバックパックに持ち替えてベトナムを歩こう
  2. 9h ナインアワーズ仙台 ホテルレビュー
  3. Pizza4P’sが今後も成功すると感じた理由
  4. アメブロユーザーは刺激がお強いのは苦手
  5. 『ベトナムのオカマ うんこたん 名前歌』
  6. ザボンザボンザボン…ホーチミン市郊外のザボン村!Làng …
  7. WordPressでブログはじめて21ヶ月目の結果
  8. ベトナムの銀行の利率は相変わらず高いよ 2017
  9. 【人生を変える書籍】7つの習慣との出逢い 
  10. 川崎のラブホをリニューアルしていたら、ヤクザに呼びだされた話 2005…
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ベトナムと中国の関係悪化!!死者も! ビンユーンで反中デモ拡大 暴徒化へ恐るべき集団心理

2014年5月13日 ビンユーンVSIP工業団地からはじまった反中デモ

当初は、中国系の工場を中心にデモからストライキへといった扇動をしていたが、
次第に過激化してきた。
暴徒と化したデモ隊は、時間をかけて大きくなっていた。
工場の門をぶち壊し、看板を破壊して、
工場に侵入するとパソコンや電線など金目のものは持ち出し、
中国人とみれば殴る蹴るの暴行を加える。
盗るものをとったら工場に火をつける。
もはやこんなものは正義でもなんでもない。
強盗の集団にすぎない。

Binhduong-chongTQ22

image(1)

目をぎらつかせた集団は、当初の目的を忘れ、
ただひたすら暴力と略奪にこころを奪われる。
台湾や韓国、日本などの中国以外の工場も襲撃してしまった。

96958A9C9381959FE3E7E2E3978DE3E7E2E7E0E2E3E6979394E2E2E2-DSXBZO7123270015052014000003-PB1-4

 

日中の尖閣諸島問題の中国デモと同じ状況。
すでに死者が出ているというからそれより酷いかもしれない。

はじめは黙認していた警察部隊も鎮圧に乗り出すも、
逆に車を焼かれて死者まで出る始末。
これ以上ひどくなると軍が出てくるしかない。

 

この事件をうけて思い出すのは、

ベトナム戦争後、アメリカを追い出した後、

ベトナムがカンボジアへ侵攻したこと。

このカンボジア侵攻したことで、
ベトナム戦争で同情的だった周辺国を裏切る形になった。

今回のデモでは、中国と関係ない台湾・韓国・日本が被害を受けている。
こういったことでは、対中国包囲網がうまく成り立たない。
日本はともかく、かなり被害を受けた台湾は今後どういった対応に出るのだろうか。

 

日本は、殴られても我慢する国
ベトナムは、殴られたら殴り返す国
ここまでは理解できるが、他の国を巻き添えにするのはまずい。

結局、越国民の教養やモラルが低いことの現れではある。
当初のデモ隊にあった志は、
後から参加した遊び半分の参加者と
金品目当ての強盗たちによってなくなった。
ただの強盗集団。おそるべき集団心理。

日本を振り返ってみると、
阪神淡路大震災や東北地震では、
ほとんど強盗がでなかった。
住民同士助け合い、懸命に復興に向かっている。
もし、他の国で同じ天災が起きて状況になったら、
自暴自棄になった集団強盗が発生するのは間違いない。

 

続きはこちら>>

ベトナムと中国の関係悪化!! ビンユーンで反中デモ拡大 暴徒化へ恐るべき集団心理 その後 

人間の集団について―ベトナムから考える (中公文庫)

関連記事

  1. ベトナムで新発売されたNISSINのカップヌードルシーフードを食…

  2. ベトナムから見た「SMAP解散報道」について

  3. ベトナム ホーチミンに来たらベンタン市場に行こう!! ベンタン市…

  4. スリ ひったくりの聖地! ホーチミンでの被害事例 ベトナムナビ

  5. 「ベトナムは地震がない」は迷信 海外在住だからこそ いざというと…

  6. ベトナム女性が知っている美しい健康を保つための10の秘訣

おすすめ記事

  1. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  2. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】前編
  3. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  4. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  5. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ベトナムのライフスタイル

オススメ記事

  1. こんにちは、魁人です。今回は、でんちゅうさんとHOCさんとの対談「完結編」となります。…
  2. こんにちは魁人です。今回は、VALUで出会ったベトナムブロガー、でんちゅうさんとHOCさんと…
  3. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  4. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  5. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  6. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  7. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  8. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  9. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  10. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る