menu
閉じる
  1. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  2. セゾンゴールドアメックスがコスパ高いと思っていたらもっとコスパの高いゴ…
  3. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
  4. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
  5. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  6. ベトナムの空港で命は取られないが、お金は盗られる
  7. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α
  8. ベトナムのホテルを賢く予約する方法 トリパゴとBooking.com
  9. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  10. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
閉じる
閉じる
  1. 【連載 ベトナム中部の魅力①】 世界遺産 古都フエの歩き方 HUE
  2. どうしてベトナム人スタッフは大事なときに会社を休むのか
  3. ベトナム旅行 ハノイ?ホーチミン? どちらへ行くべきか 観光地と選び方…
  4. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  5. 【保存版】ベトナム首都ハノイへ行く前に知っておきたい12のこと
  6. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  7. 大公開!! 地獄の結婚式ツアー2013 3日目  日本式 結婚披露宴編…
  8. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
  9. ベトナムホーチミンは日本人のサークル活動が活発って本当!?
  10. ベトナム記事がアツい!!今注目の3つのブログ
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ベトナム ホーチミンからクチトンネルとカオダイ教ツアーに参加 前編 2011

 

シンカフェのツアーに参加

2011年にホーチミンから日帰りで行けるツアー、クチトンネルとカオダイ教ツアーに参加しました。

日系の現地ツアー会社で参加すると、すごく高い(HISだと70ドルする)ので、ホーチミンの欧米人バックパッカーが集まるデタムエリアのシンカフェのツアーに参加しました。

ツアー料金は11ドルでした。

このツアーは欧米人向けなので、英語が分からないとつらいかもしれません。

バスの出発はシンカフェの前から。

ちなみに、HISなどの現地ツアーはホーチミン市内のホテルであれば、ホテルまでお迎えに来てくれます。

また、TNKトラベルでは、上記の欧米向けツアーに日本語ガイドを付けて参加する方法をとっており、それだと21ドルになります。

午前中はクチトンネルへ

SONY DSC

そもそもクチトンネルとはなんなんだ。

というと、ベトナム戦争時にベトコンと呼ばれる南ベトナム解放民族戦線が対アメリカ軍対策で作ったゲリラ戦の本拠地です。

このクチトンネル、当時はアメリカ人には通り抜けられないように掘られておりました。ベトナム人は小柄なところを活かし、アメリカ人を相当手こずらせたそうです。

そのため、ベトコンをあぶり出すために枯葉剤をまいたのでした。

ベトナム戦争について、知りたい方はこちらをどうぞ。

ベトナム戦争でアメリカが撤退した3つの理由

ちなみに、いまでは欧米人でも通れるサイズになっております。体の大きい方もご心配なく。

SONY DSC

SONY DSC

僕にとっては、トルコのカッパドキアでこれよりも規模の大きい地下都市を体験していたので、ここのトンネルはそれに比べてしょぼく見えました。

トルコ カッパドキアはまるで「風の谷のナウシカ」 2009アジアの旅 6日目

このクチトンネルの楽しいところは、アメリカ軍を苦しめたブービートラップといわれる罠が展示されているのと、射撃体験ができるということでしょうか。

""

""

""

森の中をのんびり散策という意味ではいいツアーだったかと思います。

ちなみに、昼食はあまり美味しくなかったのと、食事はツアー代に含まれていたものの飲み物代は別でした。(あたりまえか)

さて、午後はカオダイ教へ行きます。個人的にはこっちの方が好きです。

午後はカオダイ教ツアー>>

ベトナム ホーチミンからクチトンネルとカオダイ教ツアーに参加 後編 2011

 
こちらから安心してクチトンネル現地ツアーを予約できます。ベトナム在住者が選ぶ現地ツアー会社です。

関連記事

  1. ベトナムで働く前に気を付けておきたい落とし穴

  2. VIETSTAR★サイトリニューアルとスマホアプリ配信のお知らせ…

  3. ベトナムの 建国記念日(国慶節) に水のテーマパークCông V…

  4. ベトナム女性が知っている美しい健康を保つための10の秘訣

  5. ベトナム屈指の海辺リゾート ニャチャンはくそ暑かった!! 2日目…

  6. Vietnam Airlines 続・ベトナム航空の機内食は食べ…

おすすめ記事

  1. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人の青春ストーリー。
  2. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチェック メルマガだけの裏話も
  3. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉はほぼ温水プール
  4. ベトナムのホテルを賢く予約する方法 トリパゴとBooking.com
  5. WordPressでベトナムブログを運営するメリットとデメリット そしてその先の世界へ

スポンサードリンク

オススメ記事

  1. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  2. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  3. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  4. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  5. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…
  6. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  7. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営している魁人(Kai…
  8. こんにちは、最近アフィリエイト記事ばかり書いていた魁人です。今日は、ちょっと…
  9. こんにちは魁人です。以前、こんな記事を書きました。ベトナム駐在の日本人へ、日本からお…
  10. こんにちは魁人です。最近、アメブロの更新に追われ、こちらのブログがおろそかになっております。…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る