menu
閉じる
  1. ベトナムの空港で命は取られないが、お金は盗られる
  2. バイクで東に数時間!?”ベトナムの湘南”ことブンタウのビンチャウ温泉は…
  3. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  4. ここが嫌だよベトナム生活 2016
  5. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
  6. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
  7. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  8. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  9. VIETSTAR★サイトリニューアルとスマホアプリ配信のお知らせ
  10. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷
閉じる
閉じる
  1. トレンド記事を書いてみた感想と忘備録
  2. 【Falling in Foreign LOVE】ベトナムのフエについ…
  3. 越境ECで「たくさんの笑顔を世界中に!」グローイングワンの理念が熱い!…
  4. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  5. 【ジリ貧生活とサヨナラ】不幸になる才能の確かめ方
  6. ベトナム在住日本人カーストは存在するのか 女子編
  7. 雑貨天国とコロニアル建築天国! 知っておきたいホーチミンを楽しく買い物…
  8. カントー市の水上マーケットでもっと楽しむための基礎知識
  9. 【海外ライフを送ろう!】 ベトナム大好き小僧が海外旅行を10倍楽しむ情…
  10. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブ…
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

いまベトナムに参入するなら子供向けの産業にするべき理由



半年くらいまえにこんな記事を書きました。

ベトナムでビジネスを成功させるために絶対に必要なもの

最近、ベトナムで需要の多い産業について思いつきました。

 

相変わらず高い出生率と出産数

ベトナム出生率出典元 世界経済のネタ帳

 

ベトナムはふたりっ子政策をとっているため、

出生率は2000年台になって2人を切っておりますが、

日本よりは高い水準を維持しております。

また、1980年代のベビーブームに産まれた世代が、

いまちょうど出産の時期に入っており、ベトナムの第二次ベビーブームとも言えます。

下のグラフを見ると、いったん細くなっていたピラミッドの裾が、最近になってひろがっております。

人口ピラミッドベトナム

ベトナム市場を活性化する子供向けの産業

 

現在のベトナムは、30年前のベビーブームの時期と比べても、

経済的な豊かはひろがっております。

日本でも、最近の30代は子供にお金を使う、といわれていますが、

ベトナムも同様で、子供の教育に対する関心が高まりつつあります。

街を見ても小さな子供を見かける機会が多く、

いたるところに子供向け用品が売っております。

また、最近建ち始めたモールにも必ず子供遊び場が設けられております。

 

実際、ベトナムの街なかには子供を安心して遊ばせられる場所は少ないので、

モール内にある子供の遊び場だけは、常に活気があります。

 

ただし、子供用品に関して言うと、洋服やおもちゃなどはローカル市場での流通価格が安いため、

ブランド系の高めの商品はあまり売れない傾向にあります。

しかし、ミルクや紙おむつなどは、安物よりも高品質のものを選ぶ傾向が強いです。

ベトナム人ママは、同じ商品でも買う場所で価格が違うことを知っており、

どこで買うのが一番安いのか、常に調査しております。

ベトナムの場合、スーパーで買うとローカル市場や個人経営のパパママショップより高い傾向があります。

日本とは逆ですね。考え方も逆です。

 

日本 → スーパーの商品は、大量仕入れしているから安く提供します。

ベトナム → スーパーで売るものは品質を担保しているので、高くなります。

 

それでも、ローカル市場では中国製の腐った肉が売られたり、偽物の米が売られたり、

常に消費者は買うことに敏感になる情報があるので、スーパーで必ず買うという人も増えつつあります。

 

 

 

高すぎる高水準の教育機関

 

子供をもって感じるのは、ローカルの教育水準には不満があるが、

インターナショナルスクールに行かせるには費用が掛かり過ぎる。

ホーチミンには何件か日本人向け幼稚園がありますし、日本人学校もあります。

日越ハーフの子供なんかは、平日はローカルスクールに通い、

土曜日は日本人学校で補修を受ける子も多いようです。

 

日本人学校の費用は、1ヶ月で約500ドルです。

もし子供が2人いた場合、1ヶ月1000ドルの教育費がかかります。

日本採用の駐在員なら、会社から手当が出ることもありますが、

現地採用の場合は、日本人学校に行かせると給料の半分ちかく子供の教育費を占めることになりますので、

現実としてローカルスクールに通わせる選択肢をとらざるえません。

 

インターナショナルスクールだと、高いところでは1人月に1000ドルくらいかかります。

子供が2人いるなら、月収5000ドル以上ないと厳しいと言わざるを得ません。

 

しかし、子供の教育に関心のある親は多いです。

ローカルと私立の間では、費用面で大きな格差があります。

私立に行かせるほど費用をかけられない人は、

上記の補講や塾に通わせるという選択肢があります。

 

ここらへんの宙に浮いた子供たち向けの塾なり教育機関が充実してくると、

僕らのような親にとっては嬉しいわけです。



<この記事も読まれています>

ベトナムでのバイク免許の取得方法>>

最速ベトナム語学習方法 通じるベトナム語の学び方>>

ベトナム人の英語力は本当に日本人より高いのか>>

ベトナムでビジネスを成功させるために絶対に必要なもの>>

輸出ビジネスワークショップセミナー

関連記事

  1. 金正男暗殺の経緯とベトナム人容疑者ドアン・ティ・フオンの素顔

  2. 日本人男性がベトナム人女性の家族とはじめて対面した話

  3. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い…

  4. 越境ECで「たくさんの笑顔を世界中に!」グローイングワンの理念が…

  5. ベトナムで家政婦さんを雇うのは簡単なようで難しい ベトナムでメイ…

  6. オバマさんが食べたBún chả Hương Liênの2号店に…

おすすめ記事

  1. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  2. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  3. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
  4. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人の青春ストーリー。
  5. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチェック メルマガだけの裏話も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク

ベトナムのライフスタイル

オススメ記事

  1. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  2. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  3. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  4. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  5. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  6. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  7. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  8. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…
  9. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  10. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営している魁人(Kai…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る