menu
閉じる
  1. ブロガーだって立派なクリエイター あなたはすぐにnoteをはじめるべき…
  2. ベトナム移住を後悔しないために、海外旅行と海外生活の違い知っておこう
  3. 毎月2万人に読まれている当サイトに広告を出しませんか? スポンサー募集…
  4. ベトナムの空港で命は取られないが、お金は盗られる
  5. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷
  6. 眠れない夜に読む恋愛
  7. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α
  8. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
  9. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を…
  10. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
閉じる
閉じる
  1. Bình Dương ベトナム南部にあるビンズン省ってどんなところ??…
  2. 今からでも遅くない!!モテない男が一瞬でモテるようになる方法
  3. 【ワインの話をしよう】あなたのベトナム語勉強法間違えていない?
  4. 【知らないと損する】ベトナムでTwitterを100倍楽しむ方法!!
  5. ベトナムホーチミンで楽しみながら成長するための正しい時間管理術
  6. 国境近くの町・チャウドックで洞窟寺院に入る Châu Đốc Chùa…
  7. 徹底解剖!!謎のキャラ【ベトナムのオカマ うんこたん】に迫る!! 第一…
  8. 2030年もあなたがベトナムで暮らしたいなら、今やっておくべきこと
  9. 誰かに愚痴るくらいなら、文章にして発信してみれば?人生変わるかもよ
  10. 夢のあるキーワードに潜む罠 SNSではいくつもの蜘蛛の巣があなたを待っ…
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ハイバーチュン反乱にみる ベトナムカカア天下の歴史




こんにちは、魁人です。

ベトナム在住の方なら、ハイバーチュン(Hai Bà Trưng)通りに馴染みのある方も多いはずです。

ホーチミンでも、ハノイでも、ハイバーチュン通りは市内の中心にある重要な大通りとなっております。

 

ベトナムの通り名は、人の名前を冠しているのが多いです。

そのため、ハイバーチュンを人の名前だと思っている方も多いかもしれません。

確かに、人の名前なのですが、Hai Bà Trưngという名前ではありません。

 

ベトナム語をちょっとかじったことがある方ならすぐ理解できると思います。

 

Hai → 2

Bà → おばさん、婦人、Ms

Trưng → チュンさんという名前

 

そうです。

二人のチュンおばさん、もとい「二人のチュン婦人」という意味です。

さて、この二人のチュン婦人は何をして、ベトナムの歴史に名を刻んだのでしょうか。

 

 

かつては、母系社会であったベトナム

 

紀元前のベトナムは、母系社会であったと言われています。

 

母系社会とは、子供の所属が母親に帰する社会です。

いまでこそ、ベトナムでは母方の祖母は、Bà Ngoại(外祖母)というふうに言われていますが、かつてのベトナムでは母方の祖母が中心人物で、Bà Nội(内祖母)だったようです。

 

しかし、紀元前111年よりベトナムは当時の中国「漢」に属するようになります。それから約1000年間北属(中国に属する)時代が、続きます。

 

中国文化が持ち込んできた社会通念が儒教であり、道教であり、父系社会でした。

 

そのため、いまでこそ、ベトナムの社会システムが父系社会ではありますが、ベトナム人女性の強さは、時として権力として、いまだにベトナム社会に残っております。

 

 

ハイバーチュンの反乱

 

二人のチュンおばさんの反乱は、西暦40年頃のお話です。

既に北属していたベトナムを治めていたのは、中国人刺史でした。各地方には中国人官僚が配置されて、善政を敷く官僚は一部で、ほとんどの中国人官僚は横暴な支配をしていました。

中国人の横暴に耐えかねて、ベトナムの反抗はしだいに大きな力となっていきました。

 

その中で代表的な独立運動がハイバーチュンの反乱です。

ちなみに、二人のチュンさんは姉妹でした。

姉のチュンチャック(Trưng Trắc)の旦那はティサック(Thi Sách)で、ティサックも通り名になっていますね。

 

ハイバーチュンの物語は、こちらの本からそのまま引用します。

 

チュン・チャック(徴側)はフン・ヴォンの時代の都、峯州麋冷県(メリン=いまのハノイ北西方)の貉将のむすめで、朱鳶県(いまのソンタイ)のティ・サック(詩索)の妻だった。交趾郡太守の蘇定(卜・デン)は政治をほしいままにして、ティ・サックを殺してしまった。怒ったチュン・チャックは妹のチュン.二(徴弐)の助けをかりて、紀元四〇年、兵を挙げた。チュン姉妹の呼びかけに六五地域の土豪が立ち上がり、兵を進めた。おどろいた蘇定は南海(いまの広東)に逃走してしまった。チュン姉妹の反乱に南海、九真、日南、合浦が呼応して、嶺南に六五県を定め、麋冷を都とし、チュン・チャックは徴王となり、ヴェトナムは独立を遂げた。これがヴェトナムで一般に語りつがれてきた「ハイ・バ・チュン」の話のはじまりである。しかし、事実はいささか違っている。・

 

著者は、ベトナムで語りつがれた「ハイバーチュン」の話は史実とは違うとしています。

この記事で大事なのは史実ではないので省きます。本当の歴史について知りたい方は、本書をお読みください。

残念ながら、結局のチュン姉妹は、当時の中国「後漢」から派遣された将軍「馬援」に敗れて非業の死を遂げます。

 

 

ベトナムの女性は強い

 

かつての記事でもさんざん触れてきましたがベトナムの女性は強いです。

男が働かず、女性が大黒柱として働いて切り盛りしている家庭も少なからずあります。ハイバーチュンの物語がベトナム女性のアイデンティティとなっているのかはわかりませんが、儒教の影響で男を立てているものの、家庭でも会社でも実権を握ろうとするベトナム人女性は多いです。

うちの家庭でも、鬼嫁との権力争いが続いています。

1000年以上前の母系社会の影響は、いまだにベトナムに残っていますし、ハイバーチュンの話が語りつがれる限りは、ずっと続くような気がします。

 

Ameba公式トップブロガー 海外生活ランキング 読者登録お願いします。

ベトナムのライフスタイル

海外旅行保険のAIU PR

関連記事

  1. ベトナムの結婚式に呼ばれたらご祝儀はいくら包めばいいのか

  2. CORO CORO FINEからのお知らせ 整体を越えた整体!ロ…

  3. ベトナム屈指の海辺リゾート ニャチャンに行ってみた!! 1日目 …

  4. Ben Tre ベンチェの田舎 写真集

  5. ベトナム屈指の海辺リゾート ニャチャンはくそ暑かった!! 2日目…

  6. ブラック企業で苦しんでいた僕の人生を変えた母の一言

おすすめ記事

  1. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  2. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】前編
  3. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  4. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  5. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
ベトナムのライフスタイル

オススメ記事

  1. こんにちは、魁人です。今回は、でんちゅうさんとHOCさんとの対談「完結編」となります。…
  2. こんにちは魁人です。今回は、VALUで出会ったベトナムブロガー、でんちゅうさんとHOCさんと…
  3. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  4. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  5. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  6. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  7. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  8. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  9. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  10. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る