BLOG

ベトナム在住6年目にしてはじめてハノイに行った感想 ハノイとホーチミンの違い




先週の土日は、はじめてハノイに行ってきました。

僕の友人や妻の家族からは、「ハノイは怖いところ」と聞いていたのですが、実際に行ってみるとすごく素敵な街だと思いました。

一番の印象的だったのが料理が美味い!!ということです。ハノイで食べた食事はほぼ当たりでした。

オバマさんが食べたBún chả Hương Liênの2号店に行ってみた!

ハノイの蟹うどん バンカンゲー(bánh canh ghẹ)は絶品だった!!

特に、バンカンゲーがすごく美味しくて、こっちに帰ってきてもまた食べたいと思うのですが、「ビンズンには無いよ」と鬼嫁に軽く一蹴されました。

 

そういえば、以前こんな記事を書いたのですが、よくもハノイに行きもしないのに偉そうに書いているなと、今更ながら思いました。

ベトナム首都ハノイとベトナム最大都市ホーチミンで文化の違いはあるのか

この記事の続きのような形で、もう一度ハノイとホーチミンの違いを整理してみたいと思います。

 

都市とインフラ

ハノイ 街

まず、ハノイ市内に入って思ったのが、「想像していたより全然都会だ!」ハノイといえば、ホアンキム湖周辺の旧市街地のイメージが強く、そんな街並みがずっと続いているものだと思っていました。これはまさに大きな勘違いで、京都市内が全て祇園周辺のような街並みと思い込んでいるのと同じことですね。

少し、気になったは屋根の上にタンクを置いている建物が多い。街を上から見渡すと、せっかくのかわいいコロニアル調の建物上に、金属色のタンクが置いてあるのがすごく残念な感じがしました。

大体の歩道が凸凹であったり、バイクが多いのはホーチミンと変わりませんね。

ただ、ハノイが素敵だと思ったのは、やはりホアンキム湖周辺の歩行者天国です。

ホーチミンでは昨年、ようやくグエンフエ通りが歩行者天国になりましたが、ホアンキム湖周辺ほどの広さはありません。サイゴン川沿いも大きめの歩道がありますが、人口密度が高く、夜のんびりとあるくような場所ではありません。

それに比べて、ホアンキム湖周辺は歩道が広く、小さい子供たちでも安心して遊んでいました。

ホアンキム湖 子供ズタ袋でレースする子供たち

 

また、ホアンキム湖の景色はきれいです。
ホアンキム湖を眺めるカップルの若者たちもいれば、家族連れもいるし、もちろん年寄りも安心して歩ける広場です。

素晴らしいコミュニティスペースだと思いました。

都会の中にこんなに素敵な場所があるハノイがうらやましいです。

ホーチミンだと、サイゴン教会周辺の公園が同じようなコミュニティの広場となっていますね。

 

 

ハノイっ子とサイゴンっ子

もともとは敵同士の南部と北部です。

日本が南北朝時代があったのは、足利尊氏の時代でもはや700年以上も前です。その後、日本を大きく2つに分けて争ったのは「天下分け目の~関ヶ原の戦い」その後は、幕末の薩長と幕府ですが、どれも地域間の争いではありませんでした。

ベトナム戦争はもう40年近く前の話になりますが、北部人も南部人もお互いに思うところがあるようです。

ベトナム戦争についてはこの記事で詳しく書いています。

ベトナム戦争でアメリカが撤退した3つの理由

 

前述の通り、「ハノイは怖い」と聞かされてハノイに入ったのですが、市内に向かうバスでは外国人のフォローをするハノイ人を見て、みんな優しいなぁと思いました。

泊まったホテルのサービスも悪くなかったし、食事に行っても嫌な思いはほとんどしませんでした。

初日は特に、「なんだかんだ言っても、同じベトナムなんだから、他国ほどの違いは無いな-」と思いました。

 

しかし、実際に街を歩いてみると、段々とホーチミンとの違いを感じるようになりました。

まず、キツイのは女性。

小さい子供に向かってそこまで言うか?と思うほど声を荒げて怒っていました。たいしたことないことなのに。

ただ、ハノイっ子は化粧している女性も多く、季節が秋にはいったこともありオシャレをしておりました。

ちなみに、お店の対応はハノイのほうが手際が良い。

以前ベトナムに遊びに来た友達が、「ベトナムの女性は仕事ができる!!」と言ってびっくりしていました。何のことかよくわからなかったのですが、ハノイの店員(特に女性)の手際の良さをみて納得しました。

 

ということで、北部と南部の女性の違い(完全に僕の偏見)

北部の女性 頭が切れる。手際が良い。性格がキツイ

南部の女性 のんびりしている。ぼーっとしている子もいる。性格は穏やかな子が多い

 

ちなみに、うちの鬼嫁は南部育ちですが、北部の血をひいているため、性格は北部よりでキツイです。

 

言葉の違い

 

ハノイに行って、僕の南部弁がどれほど通じるか、と気になっておりました。

実際のところ、「意外と通じる!」

 

しかし、僕が北部の言葉を聞き取れませんでした。

「ザ」と「ヤ」の違いだけならまだしも、言い回しが変わってくるともう意味がわかりません。

ということで、久々に英語を話す機会が多かったです。

 

ところで、ハノイでは「rồi」を「ゾーイ」と言うと思っていたのですが、ほとんどの方が「ローイ」と発音しておりました。

それでも、言葉に「ザ行」が多いのは僕にとっては耳障りでした。

慣れれば良いのかもしれませんが、ホーチミンに戻ってきて南部弁を聞くと安堵感がありました。

 

 

まとめ

 

・ハノイの街はきれい。特にホアンキム湖周辺

・ハノイの女性はきれいで仕事ができるがキツい!(僕の偏見!男性には興味なし)

・ハノイの料理は美味しい!バンカンゲーをまた食べたい!

・ハノイの言葉はベトナムの標準語です。

海外旅行保険のAIU PR

ベトナムのライフスタイル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧




ベトナムのライフスタイル

最近の記事

Twitter でフォロー

そうだ ベトナム行こう

人気ブログランキングへ