BLOG

ベトナム ホーチミンのチップはいくら? MASSAGE(マッサー)編

今回はMASSAGE(ベトナム語風でマッサー)について書きます。

はたしてベトナムのマッサー、いくらチップを渡せば良いのでしょうか。

 

<注意>

ここから下は、男性向けの記事になっております。

興味のない方は、他のページに飛んでください。

おすすめの記事>>

徹底検証!! ベトナムのバイクは何人乗りまで可能なのか!? 珍バイク画像集

 

 

 

健全なマッサーのチップ

僕は2013年までホーチミン1区のタイバンルンに住んでおりました。

タイバンルンについてご存じない方は、こちらの記事を先にお読みください。

ベトナム ホーチミンにある日本人街タイバンルンの実態

 

このタイバンルン界隈には健全なマッサーが何件かあります。健全なマッサーでは、背中や足裏のマッサージをしてくれます。

まず、仰向けになると顔にキュウリをはられます。

嫌なら嫌と断ってもよいです。

 

そのあと、足裏やら太ももやらマッサージしてくれます。

さらにうつぶせになると、女の子が背中に立って歩き出します。

ベトナムの女の子は小柄な子が多いですが、最近は太った子もいて、そんな子にあたると痛いです。

僕はその後のホットストーンでのマッサージが好きでした。

最後に、アクロバティックな関節技を決められて終わります。

大体、60~90分のコースを選ぶ方が多いです。

 

そんな健全なマッサージは、レタントン通りに集中しております。

レタントンならENJOYとかYUAN、MIWMIWあたりは行ったことある方もいると思います。

あとは、東屋ホテルにもありますね。他にはMY SPAなどなど

ちなみに僕は、ENJOYによく行っておりました。

ここは料金にチップが含まれているので、終わった後にチップ要求されることはありません。

(もしかしたら、チップを要求してくる子もいるかもしれませんが)

 

東屋ホテルのマッサージは、チップを要求されました。

しょうがなく、5万ドン払いました。

健全なマッサーでチップを要求された場合は、5万~10万ドンで十分かと思います。

 

ところが、僕の友人はこの健全なマッサーのお店(ENJOY)でも手◯キしてもらったことがあるそうです。

ENJOYは薄いカーテンで隣の客と仕切られているだけですから、他のお客さんがいたらそういうことはできません。

しかし、そのときはたまたま部屋にひとりきりだったそうです。

チップはたしか、30万ドンだか50万ドン渡したと言っていたと思います。

まぁ、そんなことになるのは、女の子次第とタイミングもあるので、健全なマッサージでそれは求めない方が良いかと思います。

そっちがご希望なら、ベトナムのマッサーへ行くべきです。

ベトナム式マッサーのチップ

 

ドンコイ通り界隈のホテルのマッサージも含めて、ベトナムのマッサーは最後に手◯キがついてきます。

オプションではなくて、当たり前のように始まります。

でも、女の子が可愛くなかったり、そういう気分になれないなら断るのもありです。

最近は、この手のベトナム式マッサーがタイバンルン界隈にも増えているようです。

相場は50万ドン位だと思いますが、中には100万ドンと言ってくる子もいると思います。

 

僕の経験上、タイバンルンの店はよく知りませんが、ドンコイ通り界隈のマッサーは質も良くないし、女の子もあまりかわいくないです。

どうせなら少し離れたマッサーに行くと、それなりにVIPな気分を味わえます。一番いいのがVIPルームのついたマッサーです。

 

まず、VIPルームに入るとサウナがあります。

サウナに入って待っていると女の子部屋にが入ってきます。(サウナ室には入ってきません)

はじめての時はとてもびっくりしたのですが、サウナがから出ると丸裸にされます。

そして、風呂おけに入れられて体中洗ってくれます。

ここまでは、日本のお風呂屋さんみたいですね。

 

このあとどーなるんだ!?

 

とおもっていたら、そのあとはフツーのマッサージでした。

マッサージとはいえ、健全なマッサージほど気持ちよくないです。

 

そして途中から、Jrを触られます。

そのあとは、交渉次第では口でしてくれた子もいました。

本番の経験はありませんが、女の子と仲良くなればできると思います。

 

チップの相場は、1区界隈だと50万~100万ドンです。外国人の多い高級ホテルは相場が高いです。

 

僕のお気に入りのホテルは、ファングーラオにあるリバティホテル

VIPルームはないですが、ジャグジーとサウナがあり、30分足マッサージサービスがありました。

しかも、女の子のレベルが高かったし、チップも30万ドンとかでも受け取ってくれました。

 

もちろん、7区まででればローカルマッサーが連なっているのですが、女の子のレベルがいまいちです。

しかも汚い店が多くて、なんだか気分が滅入ります。

 

それと比べると、リバティホテルのマッサーはコスパが高いと思いました。

他に、それなりに良かったホテルマッサーは、

サイゴンスターホテル

ビクトリーホテル

でも、どちらもチップは高めです。

 

でも、本当に疲れたときは、健全なマッサージのお店に行かれることをオススメいたします。

ベトナムマッサーで、疲れはとれません。

 

ところで、一般のベトナム女性からしたら、マッサージは不健全なイメージです。

ベトナム女性に向かって

「昨日、マッサージに行ったらスッキリした。」

なんて言ったら、

「昨日、風○に行ってスッキリしちゃった」という意味に聞こえます。

変態扱いされますので、気を付けましょう。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧




ベトナムのライフスタイル

最近の記事

Twitter でフォロー

そうだ ベトナム行こう

人気ブログランキングへ