menu
閉じる
  1. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  2. ベトナムの空港で命は取られないが、お金は盗られる
  3. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  4. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  5. 旅では見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色
  6. ここが嫌だよベトナム生活 2016
  7. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷
  8. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α
  9. VIETSTAR★サイトリニューアルとスマホアプリ配信のお知らせ
  10. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
閉じる
閉じる
  1. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  2. 東遊運動『ファン・ボイ・チャウ』の心の叫びに感動
  3. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  4. ベトナムに住んでいる日本人は変人ばかりなのか
  5. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を…
  6. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  7. リンちゃん殺害事件からみえる 日本人とベトナム人の異常性のちがい
  8. ベトナムの結婚インタビューに、ちょっと待ったー!!
  9. 旅では見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色
  10. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

日本式は通用しない!? ベトナム人の人間関係を理解しよう!




弊社のベトナムで働く日本人はみんな変わってる。

とか、個性的だとかいわれますが、単純に印象的な問題なのか、
それともなにかが普通から外れててそう言われるのでしょうか。

別に変わってると言われているだけであって、
普通でないとは言われてないです。
しかし、普通=標準 ということなのでしょうか。
良くも悪くもない。

好きでも嫌いでもないわけであって、

普通じゃないから好かれるし、嫌われもする。

って気がします。

奇を衒っているのと個性的なのとはまた違います。
見た目が普通でも、
話すと個性の強い人もいますよね。

古来より日本では和を乱すからず。
という気分が今でも残っています。
思ったことを全て口に出したらお互いの関係が崩壊してしまう。
だから、相手の気持ちや表情を伺いながら物を言います。
学生の頃までは、そんなことをしたことをない人も
社会人になって何年かまともに働けばある程度身につく処世術のようなものです。

最近は、テレビでは毒舌キャラがもてはやされたりしています。
若くて容姿がよければ、思ったことを口にしてちやほやされる。
最初はいいが、そのうち誰かに嫌われてテレビの画面から去っていきますよね。

たとえば、人に嫌われながらも、そのキャラを貫いている有吉なんかは

本当に個性的な人だと思います。

嫌われることをいう人間は、自己陶酔している人か、
嫌われることを覚悟して腹くくった人間だけです。

厳しい環境が続き、それに耐え忍べば人間として磨かれます。
ただし、ある程度の目標意識を持った人でないとそれも成し得ないです。
逆にねじ曲がった精神になることもあります。(一時の自分がそうでした。)

思ったことを口にしずらい日本という国は、
僕にとっては窮屈に感じます。

さて、ベトナムはどうかというと、
人間の上下関係は常にあります。
例えば、歳が同じでも上司と部下の関係があれば
つねに上司はAnh(兄)で部下はEm(弟)と呼び合います。

レストランなどに行くと、
客とウェイターがお互いにAnh(兄)と呼び合う光景が見受けられます。
歳が近い場合Anhと読んだ方が相手を立てることになるのでしょう。
ベトナムでは初めて合う人をなんて呼んでいいか本当に悩まされます。
親戚関係になるとさらに複雑になりますが、
まあそれば別の話として。

ベトナムでは上下関係をまず成立させつつも、
相手に対しては思ったことを全て口にします。
だから、よく口喧嘩(口論)に発展します。
しかも、熱くなった彼らは自分の非をまず認めません。
工場の朝の会議では毎日のように口論をしています。
殴りかかるんじゃないかってほど熱くなっている時もありますが、
会議のあとはお互いにケロッとしています。
この口論をまともに日本人がベトナム人相手にやろうとすると、
気持ちばっかり疲れてしまう。

それが仕事だろという人もいますが、
水掛け論に無駄な労力を使うのもどうかと思ってしまいます。

もっとうまい解決の仕方を選んだほうが早いです。

ベトナム人は頭の回転が早い人も多く、手先も器用です。
また、ベトナム人は一見温厚に見えますが、激情型の人間が多いです。
頭が固く、議論になると自分の意見を曲げません。
日本人にとっては慣れるまでは、付き合い方にとまどいます。

これは以前にも書きましたが、
ベトナムという国は外国人から常に侵略され続けてきました。
また、いつ死ぬともわからない戦争という状況が長年続いていました。
どうしても、未来のことより、今を生きてしまう傾向が強いです。

単純にいうと現状のことに気を取られ、先が見えない(将来のことを考えられない)人が多いです。
だから、先のことを話しても実感としてなかなか伝わりません。

逆に、今より先のことを考えられるベトナム人は成功者になりうる可能性が高いです。

今を見る人。

先を見る人。

で話をしたところで、元々議論になりにくいわけです。

会社で言えば、社員と社長では見える景色が違います。
自分の将来が見える社員がいたとしても、
会社の将来が見える社員は少ないです。

話は元に戻りますが、普通ってなんでしょうね。

封建社会をそのまま引き継いだような日本の会社組織は崩壊しつつあります。
グローバル化の波に日本は完全に飲まれているし、
国内で全てを解決できるほど、今の日本の経済は豊かではないです。

最近では、会社のために人生を捧げるような生き方を望んでいる人は減りつつあります。
戦国時代と同じで、主君がいつまでも台頭できるとは限らない時代です。

だから、個の力を育てるしかないです。

個の力が育ては、会社のためにも家族のためにもなります。
会社に寄っかかって生きる時代は終わりました。

ベトナムで生活してみればわかりますが、
日本人は衣食住すべてのことに本当に恵まれています。

日本は物理的に豊かで成熟した社会です。

ベトナムは外国人から見れば不便なことも多いですが、
彼らはそれを不便とは思っていないのでしょう。
生活術、サバイバル度でいったら日本人がはるか及ばない部分もあります。
それはまだ発展途上ということも意味しますが、

若い世代で比べると肉体的にも精神的にも日本人よりベトナム人の方が強固でしょう。

彼らと仕事を共にすることは、非常に面白いですが、
ときにエネルギーをえらく消耗します。
ある程度、人間的に成熟していないと身も心もこの国ではもたないのだと思います。

まずは、ベトナム人の特性を理解することからはじめるのが大事です。

 

 

無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR

関連記事

  1. ハノイの蟹うどん バンカンゲー(bánh canh ghẹ)は絶…

  2. 日本食店の激戦区 ホーチミン・シティ そんな中でも根強い人気のあ…

  3. スリ ひったくりの聖地! ホーチミンでの被害事例 ベトナムナビ

  4. 海外就職するならベトナムがいい理由

  5. 徹底検証!! ベトナム人の言う「OK!」は信用していいのか

  6. 軟弱日本男子の教え ベトナムで幸せになれる9つの秘訣

おすすめ記事

  1. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  2. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  3. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を持っていた
  4. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  5. 旅では見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク

オススメ記事

  1. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  2. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営…
  3. こんにちは、最近アフィリエイト記事ばかり書いていた魁人です。今日は、ちょっと…
  4. こんにちは魁人です。以前、こんな記事を書きました。ベトナム駐在の日本人へ、日本からお…
  5. こんにちは魁人です。最近、アメブロの更新に追われ、こちらのブログがおろそかになっております。…
  6. こんにちは、魁人です。あなたは、ベトナム旅行へ行くときに、どうやって手配…
  7. 僕は2016年からセゾンゴールドアメックスカードを持っています。実際に使ってみる…
  8. こんにちは、魁人です。先日、領事館より注意喚起のメールを頂きました。…
  9. こんにちは、魁人です。いま、日本で売られている多くの家具がベトナムで生産されているのはご存知…
  10. こんにちは、魁人です。今回の記事は、リニューアルされたABROADERS…

Twitter でフォロー

人気の投稿とページ

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
ページ上部へ戻る