BLOG

ベトナムでビジネスを成功させるために絶対に必要なもの




先日、高校時代の友人が彼の働く会社の社長や幹部とともに、

ベトナムへ出張に来ました。

10年ぶりの再会でしたが、お互いまん丸に大きくなっていて苦笑しました。

ところで、かれの働く会社はベンチャーですが、

いろいろと新しいことに挑戦しているようです。

その社長を含めた幹部と食事をしていたら、

いきなりお題を出されました。

「もし手元に数千万あってベトナムでビジネスをするなら、どんなビジネスをしますか?」

いちサラリーマンにこんなこと聞くなよ-ッて感じでしたが、

日頃から日系飲食店の浮沈を目の当たりにしているので、

飲食店は無いな、と思いました。

あまりに突如なお題だったので、うまい答えが見つかりませんでした。

未だに時々考えますが、

いまの自分がベトナムでビジネスして成功しそうな案は無いです。

ただし、これだけは必要だと思うキーワードは思いつきました。

 

絶対成功するという情熱

日本食店飽和状態のホーチミン

最近、ベトナムでよく見かけるのは、

中途半端にお金だけ投入して、事業を起こして失敗する例です。

特に飲食店では多いですね。

ベトナムは日本食店が流行っているから、

いまベトナムに出店すれば儲かる!!

なんてだれかが吹き込んでいるのでしょうか、

いまのベトナムは日本食店が飽和状態です。

それについては、

「日本食店の激戦区 ホーチミン・シティ そんな中でも根強い人気のある老舗とは」

で触れています。

しかも、ベトナム人経営の安い日本食店も増えてきているので、

日本人経営の高いお店には一筋縄ではお客さんがつきません。

それなのに、お金だけ投入して、

幹部レベルの日本人を現地に送らず、

マーケティングも現地のコンサル任せ、

そんなやり方でも出店している店が目につきます。

わたしも、新しい店ができると一度は行ってみますが、

何か伝わってくるものがないと、二度と脚を運ぶことはありません。

その何かとはオーナーの情熱が形になったものだと思います。

たとえば、味であったり、接客やサービスであったり、

もう一度ここに来たいな、と思わせるものが必要です。

他店と差別化できる付加価値がないとダメだと思うのです。

15年位前のホーチミンは、日本食店がほとんどなく、

その頃の日本食店はかなり儲かったようです。

 しかし、ここ数年の間、

たくさんの日本食店が閉店していくのをみてきました。

お金だけだして、ベトナムで事業して成功する時代ではないです。

ベトナムを知る

日本で成功していても、ベトナムで成功させるには、

ベトナムやベトナム人をもっと知る必要があります。

ベトナムで飲食店をやる上で最低限知っておきたいのは、

ベトナム人は本当に美食家ということです。

食に対するこだわりは、日本人並みにあると思います。

ただ、味の好みや文化が違うだけです。

飲食店をやるなら、美味しいものを提供する。

というのは、最低限の必須事項です。

でも意外とそれをできていない店もあります。

ベトナムで飲食店をはじめても、

ベトナム人にお店をまかせてしまうと、

店のコンセプトがあいまいになったり変わってしまったり、

味をにばらつきが出てしまったり、

とした問題があるようです。

もともと、日本とベトナムでは文化も考え方も違いますから、

まずは、日本のやり方を従業員に浸透させる必要があります。

もし、最初のお店をオープンするなら

オーナーレベルの日本人幹部が情熱をもって店を仕切るくらいでないと、

なかなか成功まで結びつかないようです。

それでも夢のある国ベトナム

飲食店を例にあげましたが、

他の事業でも同じだと思います。

旗を振る人が情熱をもっていないと成功は難しいです。

ただ、ベトナム人はプライドが高い分、上昇志向を持っている人が多いですので、

うまくやる気を引き出してあげると、素晴らしいパートナーになります。

現代のベトナム人は火がつきやすいですから、

会社全体で上昇志向の雰囲気が生まれたら、

爆発的に成功する可能性もあります。

そういう意味では、夢のある国だと思います。

ベトナムで事業をするなら自ら乗り込んでこい

最近、友人や知人からベトナムで事業をやりたいから手伝ってほしい、

とか言われます。

でもよくよく話を聞いてみると、

お金だけ出すからそっちでうまくやってくれ、

なんていう向こうに都合のいい話ばかりです。

僕は、ただのサラリーマンですので、

そんな副業なんかする時間もないし、そもそも会社にバレたら大変です。

それに、もしお金をかけるなら成功しなければ意味がありません。

成功させるためには、お金を出す人が情熱をもって事業に取り組むべきだと思うのです。

ですから、僕はいつもこう答えます

「何かしたいなら、自分でやってくれ。

事業立ち上げまで最低3ヶ月はベトナムにいるつもりなら、

出来る限りの協力はするよ。」

自分から体当りしてベトナムにぶつかって、

壁にあたって撤退するか、

情熱をもって壁をぶち壊すか、どちらしかない

そう考えていると、自分が情熱をもって壁にぶち当たれるビジネス。

単なるアイディアではなくて、

自分が心からやりたいと思っている仕事をビジネスにするのが、

ベトナムで成功する秘訣なのだと思っています。

 

 

 

<こちらの記事も読まれています>

ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α

スリ ひったくりの聖地! ホーチミンでの被害事例

ベトナムでのバイク免許の取得方法>>

最速ベトナム語学習方法 通じるベトナム語の学び方>>

ベトナム人の英語力は本当に日本人より高いのか>>

 

海外旅行保険のAIU PR
無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧




ベトナムのライフスタイル

最近の記事

Twitter でフォロー

そうだ ベトナム行こう

人気ブログランキングへ