menu
閉じる
  1. ここが嫌だよベトナム生活 2016
  2. 年間1万円で得られる安心とステータス セゾンゴールドアメックスカード
  3. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を…
  4. 旅の画像をSNSにアップしただけで1万円分の図書券をもらった話
  5. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  6. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷
  7. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
  8. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  9. VIETSTAR★サイトリニューアルとスマホアプリ配信のお知らせ
  10. 海外旅行と海外生活の違いを知っておこう 
閉じる
閉じる
  1. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  2. 東遊運動『ファン・ボイ・チャウ』の心の叫びに感動
  3. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  4. ベトナムに住んでいる日本人は変人ばかりなのか
  5. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を…
  6. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  7. リンちゃん殺害事件からみえる 日本人とベトナム人の異常性のちがい
  8. ベトナムの結婚インタビューに、ちょっと待ったー!!
  9. 旅では見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色
  10. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

まるで本物の木!? ベトナムの左官技術はすごい!!

 

さて、突然ですがクイズです!!

 

下の3枚の画像を見てください。

どれか1枚だけ、本物の木があります。

あとの2枚の写真は砂とセメントで出来た偽物です。

 

 

 

 

 

 

 

どれも本物のの木にしか見えませんよね~

でも、特徴があるから簡単かもしれませんね。

僕も、近くに寄ってよく見るまでは、
どれも本物の木だと思っていました。

 

ヒント1 ①番のアップ画像

 

ヒント2 ③番のアップ画像

 

もうおわかりかと思います。

本物の木は③番です。

あとは、左官技術で作った
砂とセメント製の偽物の木です。

なんで、わざわざ木を使わず、左官で偽物の木を作るのでしょうか。

ベトナムは、木がたくさんあるイメージがあるのですが、
意外と太くて大きい木は少ないようです。

ベトナムの山に行って植林されている木は、ゴムの木です。
日本の山は、杉か檜ですが、ベトナムはゴムの木です。
ゴムの木は、杉や檜のように太くて大きくは育ちません。

しかも、ゴムの木は、ゴムの樹脂を取られたあとの
使いみちは家具です。
うちの工場では、大量のゴムの木が製材されて入荷されます。

ベトナムのお寺も、木造に見えますが、
鉄筋コンクリートの柱を木に見せているものばかりです。

 

 

木造に見えますが、触るとコンクリートということがわかります。

ベトナムの田舎に行くと、木造のぼろっちい家が点在しているので、
ベトナムの在来工法は木造というのは確かです。

しかし、フランス植民地時代に鉄筋コンクリートの技術が伝えられ、
現在のベトナムの家は鉄筋コンクリートレンガ積み構造です。

ところで、ベトナムは地震がきたらだいじょうぶなのでしょうか。研究してみました。

「ベトナムは地震がない」は迷信 海外在住だからこそ いざというときに備えておこう!!

 

ベトナムの左官技術は日本より優れているところもあり、
例えば、ドーム型やアーチ型の天井なんかも、
レンガを積んで作っちゃうんですよ。

ベトナムはもともと木の文化なのに、フランス植民地時代に組積文化に変化して、
その上、今のベトナムは現代建築に使えるような木もあまり取れないから、
砂とセメントで木を作るようになったんでしょうか。
それと、人件費が安いのもあり、木を買ってくるよりも、
砂とセメントで作った方が安いのかもしれません。

個人的には、ベトナムのような高温多湿の気候では、

木造建築のほうが過ごしやすいと思うんですけどね。

 

<こちらの記事も読まれています>

ホーチミン駐在初心者必見! 日本人街タイバンルンに潜む罠

ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α

スリ ひったくりの聖地! ホーチミンでの被害事例

ベトナムでビジネスを成功させるために絶対に必要なもの>>

軟弱日本男子の教え ベトナムで幸せになれる9つの秘訣>>

輸出ビジネスワークショップセミナーPR

無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR


 

関連記事

  1. ベトナム ホーチミンのタクシー事情 どのタクシーに乗ればいいの?…

  2. 2012 ベトナムでのバイク免許の取得方法 ベトナムナビ

  3. ハノイの蟹うどん バンカンゲー(bánh canh ghẹ)は絶…

  4. ベトナム首都ハノイとベトナム最大都市ホーチミンで文化の違いはある…

  5. ベトナム戦争でアメリカが撤退した3つの理由 ベトナムナビ

  6. Vietnam Airlines ベトナム航空の機内食は食べるべ…

おすすめ記事

  1. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  2. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  3. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を持っていた
  4. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  5. 旅では見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク

オススメ記事

  1. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  2. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営…
  3. こんにちは、最近アフィリエイト記事ばかり書いていた魁人です。今日は、ちょっと…
  4. こんにちは魁人です。以前、こんな記事を書きました。ベトナム駐在の日本人へ、日本からお…
  5. こんにちは魁人です。最近、アメブロの更新に追われ、こちらのブログがおろそかになっております。…
  6. こんにちは、魁人です。あなたは、ベトナム旅行へ行くときに、どうやって手配…
  7. 僕は2016年からセゾンゴールドアメックスカードを持っています。実際に使ってみる…
  8. こんにちは、魁人です。先日、領事館より注意喚起のメールを頂きました。…
  9. こんにちは、魁人です。いま、日本で売られている多くの家具がベトナムで生産されているのはご存知…
  10. こんにちは、魁人です。今回の記事は、リニューアルされたABROADERS…

Twitter でフォロー

人気の投稿とページ

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
ページ上部へ戻る