menu
閉じる
  1. ベトナムの英雄『ホー・チ・ミン』は本名ではない上、他にもこんなに偽名を…
  2. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  3. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人…
  4. 2016年VIETSTAR★人気記事ランキング
  5. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  6. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷
  7. ベトナム駐在が決まったら持って行きたい厳選3冊+α
  8. セゾンゴールドアメックスがコスパ高いと思っていたらもっとコスパの高いゴ…
  9. バックパッカーでは見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景色
  10. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブ…
閉じる
閉じる
  1. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  2. 【ジリ貧生活とサヨナラ】不幸になる才能の確かめ方
  3. ベトナム在住日本人カーストは存在するのか 女子編
  4. 雑貨天国とコロニアル建築天国! 知っておきたいホーチミンを楽しく買い物…
  5. カントー市の水上マーケットでもっと楽しむための基礎知識
  6. 【海外ライフを送ろう!】 ベトナム大好き小僧が海外旅行を10倍楽しむ情…
  7. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブ…
  8. 【どうせやるなら徹底的に!】中途半端にやるなら寝ていた方がマシ
  9. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
  10. 【VALU初心者へ】失敗しないVALUのはじめ方
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

ベトナム人の子供の体型にみえる時代の変化と習慣

こんにちは魁人です。

最近、よく息子に髪の毛を掴まれるたびに、抜け毛が気になってしまいます。

あなたの髪の毛は大丈夫ですか?

 

ところで、僕は30代半ばなのですが、友人や知人の子どもたちもうちの息子と同じくらいの年頃の子が多いんです。

順調にライフステージを上がっている人は、SNSでその様子をオープンにしてくれます。

知り合いの子供が元気な姿で産まれてくると、息子が産まれた時の次ぐらいに嬉しいです。

で、僕の過去の記事を読んでくれた方は、僕の子煩悩ぶりはご存知かもしれませんが、僕よりもっと子煩悩な知人がいて、彼は毎日のように息子に語りかけるブログを更新しているんですよ。

 

その気持ちは、すごくよく分かるけど、顔出しして毎日更新する勇気は僕にはないので、そこを踏み切るのはさすがだなと思うわけです。

彼のブログを毎日読んでいると、自分も「負けらんねー」とか思っちゃうんですけど、それって人の行動に反応しすぎですね。

でも、やっぱり人の記事を読んでいると、自分の気持ちや考えも浮かんできて、こうやって記事にしたくなってしまいました。

 

ベトナム人のパパはみんなイクメン

数年前から日本では、子供の面倒見のいいパパを「イクメン」というようになりましたね。

そもそもこの「イクメン」って「イケメン」をもじった言葉だと思うのですが、子育てに参加しているパパを揶揄しているようにも聞こえますよね。

日本では、「母親が子供の面倒をみて、父親は仕事へ行って稼げばいい」って考えが昭和の時代には定着してしまいましたが、江戸時代の武士の家ではむしろ父親が息子の教育係でした。

 

僕は、生まれてこの方、2回しか本当の父親に会ったことがないので、父親像というものを持っていません。

それでも、僕は息子にとっては父親なわけで、彼の将来を真剣に考えなければなりません。

そして、僕は息子も鬼嫁も大好きだから、なるべく夜は一緒にいて同じ時間を家族で過ごしたいです。

 

これって、ベトナムだと至って一般的なの考えで、家庭のあるベトナム人は飲みに行っても引き上げるのが早い。

夕方5時ころからガーーって飲んで7時ころ解散!!

みたいなのも珍しくないです。

 

平均年齢が低い国ベトナムは子供が多い

以前の記事でも書きましたが、ベトナムの平均年齢は30歳弱と、とても若いです。

いまベトナムに参入するなら子供向けの産業にするべき理由

しかも、その平均年齢のボリュームゾーンが、子供を産んでいるから、小さい子供もたくさんいます。

日本の街を歩くとジジババばっかりですが、ベトナムのショッピングセンターに出かけると、若い夫婦と子供の家族連ればかりが目につきます。

で、ベトナム人の国民性なのか、南国の国の性格なのかわかりませんが、他人の子供に対して壁がないんです。

 

というのは、僕が息子と歩いていると、すれ違いざまに息子のホッペを触って去っていく人が結構いるんです。

うちの息子が可愛いせいもありますが、要はふっくらしていて触りたくなるホッペを持っているんですね。

彼らは知り合いでもなんでもないですよ。

もし、日本でそんなことをしたら、変質者扱いされかねませんが、ベトナムでは日常的にそんな感じです。

 

肥満児が増えつつあるベトナム

最近、街で見かけるベトナム人の子どもたちは、数年前に比べてぽっちゃりした肥満児多くなりました。

一昔前は、やせ細った子どもたちをよく見かけましたが、いまでは肥満児の割合が多いようです。

原因は、やはり食事ですね。

今のベトナムは、国が豊かになって、食に困らなくなりました。

時代が変わったのにかかわらず、古い習慣が残っていて、とにかく

ăn cơm đi! ăn cơm đi! (飯食え!飯食え!)」

って感じでどんどん子供にご飯を食べさせるんですよ。

 

ベトナムが日本ほど安全でないせいもありますが、ベトナム人の親は過保護です。

特に男の子は、ママがいろいろとやってあげちゃうので、自分から動かない子に育っちゃうんですね。

うちの子は性格的になんでも自分でやりたがるから、そうでもないですけど。

 

でも、肥満です。

 

ベトナムでも欧米の食事が定着してきました。ハンバーガーやピザなどは子供は大好きですね。

チョコレートやアイスクリームも簡単に手に入ります。

こんなものばっかり食べていれば太ってしまいますよね。

 

孫を恋しがる祖母のために作ったグッズ

https://suzuri.jp/lifestar021/793629/smartphone-case/iphone7-plus/white

孫を恋しがる祖母のために、息子をスマホケースにしました!

これなら、いつでも孫と一緒です。

 

もしあなたも家族と離れて暮らしているなら、離れた家族にグッズを作ってプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【社畜にならないために】ダメな会社にありがちなポジショントーク

  2. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い…

  3. ベトナムで医者にかからないために 知っておきたい風邪予防法

  4. ベトナムの 建国記念日(国慶節) に水のテーマパークCông V…

  5. ベトナム人が日本人より幸せといわれる理由

  6. ベトナム屈指の海辺リゾート ニャチャンはくそ暑かった!! 2日目…

おすすめ記事

  1. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  2. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  3. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
  4. 【ベトナムの風に吹かれて】ベトナムの優しい風があなたの心に届ける、大人の青春ストーリー。
  5. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチェック メルマガだけの裏話も

スポンサードリンク

オススメ記事

  1. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  2. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  3. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  4. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  5. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  6. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  7. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  8. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…
  9. こんにちは、魁人です。最近、夜眠れないので、逆にブログ更新がはかどっています。自己紹…
  10. こんにちは、Ameba公式トップブロガーとして「ベトナムのライフスタイル」を運営している魁人(Kai…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る