menu
閉じる
  1. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
  2. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  3. 【ベトナムのライフスタイル公式メルマガ】でブログの更新情報をまとめてチ…
  4. セゾンゴールドアメックスがコスパ高いと思っていたらもっとコスパの高いゴ…
  5. ★ベトナムで生き抜く術★VIETSTAR 読者アンケートのお願い
  6. まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?
  7. WordPressでベトナムブログを運営するメリットとデメリット そし…
  8. ベトナムの空港で命は取られないが、お金は盗られる
  9. 厳選!! ベトナム人に喜ばれる日本のお土産
  10. ここが嫌だよベトナム生活 2016
閉じる
閉じる
  1. 【長時間労働では報われない】あなたは適切な◯◯ができてる?
  2. 【2017年日本で一番売れている椅子】を作った僕が立ち上げた椅子サイト…
  3. VALUは怪しい? VALUはもうそういうポジションでいいじゃね
  4. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  5. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】前編
  6. あなたはいくつ制覇できるか? 厳選ベトナムの麺料理8選
  7. フエのトゥデゥック帝陵のセンスのよさよ
  8. VALUというプラットフォームに群がる猛者たちのリンク集
  9. ベトナム在住日本人カーストは存在するのか 男性編
  10. トレンド記事を書いてみた感想と忘備録
閉じる

★ベトナムで生き抜く術★

WordPressでベトナムブログを運営するメリットとデメリット そしてその先の世界へ

こんにちは、魁人です。

アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。

まだという方は、こちらから回答してもらえると嬉しいです。

ベトナムで生き抜く術 読者アンケート

 

さて先日は、アメブロでブログを書いて疲弊してます!という記事を書きました。

まだアメブロで、ベトナム記事書いて疲弊してるの?

今回はこの記事の続きのようなものです。

ただし、今回の記事は過去最高に長いです。

あなたの貴重な時間をムダにしないために、興味のない方は読まなくて結構です。

ブログを書いている人向け、もしくはブログを書こうと思っている方向けの記事です。かなり濃い内容なので、ブログを書いている人には得るものがあると思います。

ブログは書いてないけど、このブログのファンでどうしても読みたいというモノ好きな方は最後まで読んでみてください。

それでは、行ってみましょう。

 

無料ブログのワナ

まずは、前回の記事で書き足りなかった、無料ブログサービスのリスクについて補足しておきます。

アメブロとWordpress両方運営している僕からすると、Wordpressでブログを記事を書いた方がGoogle検索にひっかかりやすく、僕が発信したい情報と読者が求めている情報のマッチングがし易いです。

会員数が多いアメブロは特にブログ内競合が激しい、というところまでは前回の記事で書きました。

 

たとえば、誰かが「ベトナム なんたら」とGoogle検索をかけた場合、アメブロの中から検索結果に表示される記事は、1記事のみとなります。

アメブロで永くそして多くの記事を書いている人ほど表示されやすくなり後からアメブロに参入した人はニッチなキーワードでないと表示されません。

それは、アメブロだけではなくて、はてなブログやFC2、ライブドアブログも同様で基本的に1ドメイン1記事がルールです。

アメブロの会員数は4400万人いるらしく、実際に記事を投稿している人はもっと少ないですが、会員数が多いだけ競合が厳しいわけです。

逆に言えば、はてなブログのような会員数がそれほど多くないブログの方が、検索結果に表示されやすくなります。

 

なお、はてなブログは課金すれば、独自ドメインの設定も可能になり、さらに検索されやすくすることも出来ます。

詳しくはこちら→はてなブログproを利用するなら独自ドメインをとるべき理由

 

しかし、どうせ課金するなら、サーバーと契約して、カスタマイズ性が高いWordpressで運営することでブログを自分の資産とすることができます。

 

また、無料ブログサービスの場合は、いつ削除されるかわからない、リスクがあります。

アメブロの利用規約でブログの商用利用は禁止とうたっています。アメブロでもはてなブログでも、課金することで一方的な削除から免除されることは出来ますが、ブログサービス自体がなくなってしまうと、いままで時間をかけて作り上げたあなたのブログがなくなってしまいます。可能性としてはかなり低いですが、最悪想定しておくべき事態です。

 

ここまでの内容をまとめます

◎無料ブログサービスはブログ内競合があり、新しいブログほど検索結果に表示されにくい

◎独自ドメインをとれば、ブログ内競合から解放される(はてなブログでは独自ドメインの設定が可能)

◎アメブロは商用利用禁止。ブログ削除のリスクがある

◎無料ブログサービスは、サービスが永久に続くとは限らない

 

ブログ村PVランキング上位のブログはみんなWordpressを使用している

 

文章で書いただけでは、実感がしづらいですので、実例を見ていきましょう。

ブログ村のPV数ランキングを見てください。

「ベトナム情報」「ホーチミン情報」共に上位3ブログはどれもWordpressを使用して記事を更新しています。

ベトナム情報人気ランキング PVアクセス順

ホーチミン情報人気ランキング PVアクセス順

 

しかも、上位3ブログが4位以下とはPV数に差があることがわかると思います。

それは、WordpressがGoogle検索に強く、世界中から読者を案内してくれるからです。

僕のブログは2016年2月にWordpressに切り替えて、まだ1年ちょっとです。

記事数はこのブログを書いている時点で180記事。

それでも、2つのカテゴリーのPV数ランキングで常に上位3位にランクインされている状況です。

 

もし、あなたがたくさんの人たちに記事を呼んでほしくても、他人のプラットフォーム(無料ブログ)を利用している限り、爆発的にPV数を増やすことはできません。

いくら記事をたくさん書いても読んでほしい人に届いていないのが現実です。

 

もちろん、個人ブログだから知り合いにだけ読んでもらえばいい、ということなら無料ブログで十分です。

ただし、変な記事をかいてアカウント停止にならないように気をつけてください。

 

そんなこといってもWordpressはなんか難しそう

 

確かに、Wordpressでブログを運営している人は、IT系の人が多いようです。

しかし、僕はIT系でもなんでもなく、普段は椅子を作っている人なのでホームページ作成の経験などはありません。

それでも、マニュアルに従って作業していけば、意外と簡単にWordpressの立ち上げができました。

一度設定してしまえば、記事の更新は他の無料ブログとほぼ同じ作業です。

 

ちょっと大変なのは、Wordpressの設定を終えるまでです。

それでも、自分の本業と比べれば、全然壁は低いと思います。

趣味でブログを書いている人ならまだしも、ビジネスでブログを書いているなら、すぐにでもWordpressのサイトを立ち上げるべきです。

別にWordpressに引っ越せといっているわけではなくて、アメブロはサテライトブログとして残しておいて、大事な記事についてはWordpressのブログで発信していくわけです。

実際に僕がその方法をとっているのは、読者の方ならご存知のはずです。

読者アンケートの結果をみても、アメブロでフォローしてくれる人もいるので、どちらも運営を続けるメリットはあります。

 

上でみたようにベトナムブログは、Wordpressの使用者がまだまだ少ないです。

はじめるならとっととはじめた方が良いでしょう。

無料ブログで3~4記事書く時間を削ってでもWordpressの設定をした方が、後々に得るものが大きいです。

 

WordPressのデメリット

ここまで、Wordpressのメリットばかり書いてきましたが、デメリットも知っておいてください。

 

◎費用がかかる

年間で1万円程度の費用がかかります。

ドメイン取得料金 年間で1000円~3000円

サーバーの初期費用 約3000円

サーバーの月額料金 1000円~1500円

 

ちなみに、サーバーは他のドメインでも利用できますので、ひとつのサーバーと契約してしまえば、2~3ドメインとっても共通のサーバーを利用できます。

ただし、あまりアクセスが多いとサーバーがパンクしますので、アクセスが増えたらサーバーの切り替えの検討が必要となります。

 

◎設定がわかりずらい

今となっては、Wordpressの設定方法はネットで検索すれば無料の情報を得ることができます。

しかし、体系的に順を追ってわかりやすくまとめたサイトはなかなか出会えません。

僕は使用していませんが、東京商工会の講義で使用されているテキストなので、こちらの本が良さそうです。

僕は、どんなWordpressの本が良いのがわからず、サイトで情報検索する時間がもったいなかったので、こちらの教材を買いました。
アフィリエイト向けの教材ですので、Wordpressだけでなくて、SNSを利用してPV数を増やす方法を体系的に学べます。

僕が買った時は1万円でしたが、今は2万5千円くらいするので、流石にそこまでの価値は無いように思います。それでも、1年と経たずブログ村の上位にランクインされているのは、この教材のおかげかもしれません。

このブログから購入してくれた方は、noteの有料記事「海外ブロガーがアクセスをアップしてマネタイズする3つの方程式」を無料提供しますので、ご連絡ください。

 

WordPressの始め方

WordPressの設定のステップは次の3つです。

1.独自ドメインを取得する

2.サーバーと契約する

3.サーバーにWordpressをインストールする。

 

1.独自ドメインを取得する

ドメインを取るのは簡単です。
お名前.comならあっという間に取得できます。

2.サーバーと契約する

僕はヘテムルのサーバーをつかっています。


ちなみに、いまならエックスサーバーで、独自ドメインとサーバー契約を同時にできるようです。こっちの方がお得そうですね。

3.サーバーにWordpressをインストールする。

サーバーのコントロールパネルから、Wordpressのインストールができます。

インストールは簡単なのですが、おしゃれなサイトを作るにはテクニックがいります。

詳しくは、こちらのサイトを参照してください。

WordPressのはじめ方★プレゼント付き★

外部サイトですが、最後に紹介するコンサルサロンのメンバー(コンサル)のサイトです。

 

WordPressの向こう側の世界

ここまで読まれた方は、「どうしてライバルを増やすようなことをするのか」、と思っている方もいるかもしれません。
確かに、Wordpressでベトナムブログを運営する人が増えたら、ライバルサイトが増えて僕の記事の検索順位が下がり、アクセスが減る可能性があります。
それでも、Wordpressをベトナムブログを書いている人たちに薦めたい理由があります。

1.時間をかけた労力に対する対価は得るべきだと思うから

ひとつは、無料ブログを運営している限り、Google検索に引っかかりづらいため、Wordpressに比べて圧倒的にアクセス数が少ないです。
いくら時間をかけてもなかなか報われません。
すでに200~300記事があるブログなら、Wordpressに投稿するだけで1メディアとして大きくなる可能性があります。

僕のブログで、すでに月に4万PVあります。
ベトナムのフリーペーパー「スケッチ」の発行部数が2万5千部程度です。

読んでる人が発行部数の7~8割と考えたら、それより読んでいる人が多いわけです。

あなたは、いつまでアメブロで疲弊し続けますか?

 

2.個人しか信用できない時代が来る

僕がライバルサイトを気にしないのは、他のブロガーでは書けない記事を書いているからです。
僕とまったく同じ環境の人なんていないんですから、自分しか書けない記事を選んで、自分の価値観を加えて発信しています。

いまは、電子書籍なんかは誰でもノーリスクで出版できる時代です。
キュレーションメディアの問題があったように、価値のない記事は世の中にあふれています。
世界観を持たないメディアは、どこかのコピペの記事を量産するだけです。

何が本当なのかわからなくなった読者は、信用できる人の情報を頼るようになります。
新聞や雑誌でも、パッケージが大事なのではなくて、誰が書いている記事なのかが注目されるようになるでしょう。

たとえば、ベトナムの老舗のフリーペーパー「スケッチ」。
紙面のデザインや写真はすごくきれいに出来ていますが、記事の内容の質が明らかに落ちています。
ビジネスマン向けのスケッチプロの方が読み応えがありますが、マニアックで難しく書いた記事が多く、興味のない人はほとんど読まないような記事ばかりです。

「スケッチ」が長年の築いたブランドがあり、そこにあぐらをかいているような感じです。

ベトナムに長く住む人ほど読まなくなるでしょう。

 

逆に、安定して良記事が載っているフリーペーパーが「VINABOOビナブー」です。
5月号の杉良太郎の記事には感動しました。オンラインでも記事が読めます。

http://vinaboo.com/

しかし、紙面のデザインや構成は、手作り感がありますね。
実は、ビナブーはブロガーなどの外部ライターが多いんです。(僕には声かからないけど)

 

タダの情報でも、読者は見る目を持って選んでいきます。

今後は、何が書いてあるのかではなくて、誰が書いている記事なのかがさらに重要になっていくことでしょう。

3.クラウドサービスの外注記事も大したことない

WordPressはガンガンインデックスしてくれるので、たとえば外注に頼んで記事を書いてもらい量産すれば、ある程度簡単にボリュームのあるサイトが出来上がります。
実は僕もそれを狙って、外注に頼んで記事を書いてもらいました。

しかし、外注から上がってきた原稿の内容があまりにもひどいため、元の原稿の文章を修正して投稿した記事がこちらです
ベトナム ホーチミン旅行 観光時期のベストシーズンは?
めずらしく、Facebookにイイネがつかなかったので、やはりよくわからない内容だったのでしょう。
修正前の原稿はこちらで読めます。→記事外注化してみた感想と分析 ライター外注は難しい

結局、こういった質の悪い記事を量産してPV数を伸ばしても、ビジネスにはつながりません。
むしろ、信頼性を低下させる可能性もあります。

4.多くの人がベトナムブログをWordpressで運営すれば、ベトナム情報が広がる。

一番大きいのはこの気持ですかね。

素晴らしいブログをもっとたくさんの人に知ってほしい。

アメブロ王国の閉ざされた世界から出てきて欲しい、という思いです。

 

ブログ運営にはPDCAが必要

去年から当ブログを御覧頂いている読者の方なら、今年に入ってから記事の内容や文章の書き方が違ってきているのに気づいているかもしれません。
実は、今年からコンサルをつけているんです。ただし、オンライン上での公開コンサルです。
きっかけは、アメブロの公式トップブロガーの話が来てから、今のやり方でいいのかわからなくなり、オンラインのコンサルサロンに参加しました。

ぶっちゃけてしまうと、この記事の内容は、コンサルサロンに入ってから知ったことばかりです。
もし、あなたが真剣にブログで集客とマネタイズを考えているのなら、このコンサルサロンを紹介いたします。

しかし、月々5000円という会費で有料な上、審査がありますますので、紹介できるかどうかは、あなたブログの内容をみて判断させてもらいます。
もしコンサルサロンが気になる方は、質問だけでもけっこうですから下記のコンタクトから気軽にご連絡ください。

 

いまのベトナムブログはブルーオーシャンだけど、数年後にレッドオーシャンになりますよ。

大事なのは、PV数やアクセス数ではなくて、読者の心に刺さる記事が書けるかどうかです。

そのためには、PDCAが必要で、一番効率が良いのが信頼できる人からのアドバイスです。

 

この話は、Wordpressをはじめないと実感できないことです。まずは、Wordpressをスタートして新しい船出をするかどうか。

決めるのはあなた次第です。

いつまでも、アメブロで疲弊し続けますか?

 

コンタクト

コンサルサロンについて質問があれば、下記コンタクトからご連絡ください。

また、途中で紹介したTPAを購入してくれた方には、noteの有料記事「海外ブロガーがアクセスをアップしてマネタイズする3つの方程式」を無料提供しますで、こちらからご連絡をお願いいたします。

 

関連記事

  1. ベトナム記事がアツい!!今注目の3つのブログ

  2. 日本人男性がベトナム人女性の家族とはじめて対面した話

  3. ベトナムの結婚式(披露宴) 日本の結婚式と何が違うの!?

  4. ベトナム旅行でカジノへ行ってみよう カジノの楽しみ方

  5. 【レビュー】必ず食える1%の人になる方法

  6. バックパッカーでは見えないその国の姿 言葉を覚えてやっと見える景…

おすすめ記事

  1. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】完結編
  2. 新進気鋭ベトナムブロガー3人による対談【ベトナムとVALU】前編
  3. ベトナムのオカマ うんこたん★オリジナルグッズ
  4. うんこたんの支援者大募集!!「ネルソン水嶋を倒し、ベトナムNo,1のブログを目指しています」
  5. ベトナムで夢を実現したいならVALUで自分の価値をシェアしてみたら?
ベトナムのライフスタイル

オススメ記事

  1. こんにちは、魁人です。今回は、でんちゅうさんとHOCさんとの対談「完結編」となります。…
  2. こんにちは魁人です。今回は、VALUで出会ったベトナムブロガー、でんちゅうさんとHOCさんと…
  3. うんこたんオリジナルグッズ続々追加中です。うんこたん★オリジナルステッカー郵便受けに…
  4. ブログ「ベトナムのライフスタイル」に突如現れた「うんこたん」僕がアメブロにて執筆して…
  5. こんにちは魁人です。僕には、やりたいことがあります。あなたにもやりたいことがあるはず…
  6. 日本では、その文化や料理が愛され、毎年多くの人たちが訪れるベトナム。熱気と活気が溢れるその国は、…
  7. こんにちは、魁人です。先月の読者アンケートに答えていただいた方ありがとうございました。…
  8. はじめまして。ペレストロイカです。去年ホーチミン市内にあるホンバン国際大学とホーチミン市人文…
  9. こんにちは、魁人です。最近はLCCなどを利用すれば、航空券も安く手に入るので、ベトナム旅行の…
  10. こんにちは、魁人です。アンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。まだとい…

Twitter でフォロー

ベトナムへ行こう!

人気ブログランキングへ
提供: ja.exchange-rates.org
ページ上部へ戻る