雑貨天国とコロニアル建築天国! 知っておきたいホーチミンを楽しく買い物する方法

こんにちは魁人です。

ベトナムホーチミンにあるドンコイ通りは雑貨で有名ですが、コロニアル建築の聖地でもあります。
この通りは、雑貨の買い物を楽しみながら、東洋のプチパリといわれるホーチミンを堪能できるとても素敵な通りで、買い物目当ての旅行客も観光目当ての旅行客もかならず訪れるホーチミンのメイン通りの一つです。
ただ、何も知らずにドンコイ通りへ行くよりも、前もってドンコイ通りの知識を持って行くことで何倍もこの通りを楽しむことができます。

今回は、ドンコイ通りの建築とホーチミンでの雑貨買い物合わせてを楽しむ方法をお届けいたします。

ドンコイ通りはコロニアル建築が立ち並ぶホーチミンの銀座?

ドンコイ通りは雑貨屋やアパレル店、高級感ブランド店が立ち並ぶ、いわゆる日本の銀座並木通りのような通りです。
この通りで、誰もが必ず訪れる建築は、サイゴン大教会と中央郵便局

サイゴン大教会

中央郵便局

中央郵便局

この他にもドンコイ通りにはコロニアル建築はがたくさんあります。こちらの記事で紹介されているのでチェックしてみてください。
ホーチミン・ドンコイ通りのコロニアル建築を散策
ドンコイ通り 建築散策 写真集

ホーチミン旅行の初日はアオザイを買おう

アオザイとはなんぞや

べトナムの民族衣装と言うとアオザイ~と、すぐ言える人はそこそこベトナム通かも知れません。
アオザイは、見た目は一瞬中国のチャイナドレスの様な雰囲気に見えますが、それもその筈で、18世紀の清の時代に伝えられたチャイナドレスが元になっています。
服の構造ですが、上半身に着る上衣(上着)は足首にまで到達するほど裾が長いのが特徴です。
そんなに長いと動きづらそうに感じられるかもしれませんが、両脇のスリットが深く腰骨程の高さにまで入っているので、意外と動きやすかったりするのです。

下に下衣(長ズボン)を穿くのですが、穿いて腰に上げた時、上衣のスリットの入りの方が高い所為で小さい隙間が出来て下の肌が見えてしまうのですが、このチラっと素肌が見えるのがアオザイのポイントの一つなのです。
他にも、上衣は身体のラインにフィットする細身に作られているので、少しスリムな体型の人やスタイルが良い人は躊躇なく着られると思いますが、体型に自信が無い人は着るのに勇気がいるかも知れません。

また、男性用のアオザイもありますが、現在はアオザイと言うと女性の民族衣装というイメージがついています。
現代では、男性がアオザイを着るタイミングがあるとしたら冠婚葬祭などに限られますね。

アオザイをオーダーメイド

そんなベトナムの民族衣装で有名なアオザイですが、オシャレなアオザイをオーダーメイドで作ってもらって記念にする人は結構多いです。
しかし注文する人の多くが長期滞在者の人だったり、ちょくちょくベトナムに来る機会が多い人だったりしているので、オーダーメイドで作ってもらうのには時間がかかるのか?
と思われる人も多いでしょう。

お店によっては、ベトナムに旅行に来た初日にオーダーして帰国する日に受け取ることができるので、気軽にアオザイをオーダーメイドしてもらうことができちゃいますよ。
基本的にアオザイのオーダーメイドの製作期間はそれ程長くはないですが、基本的には2~3日程度で長くても4~5日程度です。
オーダーメイドの専門店ともなると、短時間で理想的なサイズ展開が出来るように予め色んな布地とサイズのアオザイが用意されているので、それ以下の時間で仕上げてくれる所もありますが、旅行途中の日にオーダーするよりも初日にオーダーした方が、日程的に余裕があるので仕上げにも時間がかけられます。

また、オーダーしてから3日と書かれていても、お店の方の都合で1~2日延びることもあるので、その辺りも考慮した最終日受け取りと言う事になります。
なので、これからベトナムに旅行に行ってオーダーメイドのアオザイを作る予定のある方は、まずは初日にオーダーしましょう。
ホーチミンでアオザイオーダーメイドは日本語だけでできますよ。

【ホーチミン】アオザイオーダーメイドで女子力アップ!!日本語が出来るお店3選

雑貨天国のベトナム

ベトナムに旅行に行く!と言う人の多くが、雑貨をたくさん買いたい目的の人かも知れません。
ホーチミンやハノイに出かけると大きな市場があるのですが、市場と言うと生鮮食品や総菜などを売っているイメージが強い人が多いと思いますが、ベトナムの市場には雑貨ばかりを売っている店が数多く軒を連ねているのです。たとえば、ホーチミンならベンタイン市場がそうですね。
また、主要な大きな都市ともなると雑貨店ばかりが並んだ商店街などもあったりするので、ドコでお目当ての雑貨を買おうかと悩んでしまうかも知れませんね。

とりあえず、前もって何を買いたいのかどれ位のグレードのモノが欲しいのかを明確にしておくこととあと、一つの商品に対して出せる上限金額を決めておいた方が、ベトナムでは買い物しやすいと思うので、買いたいもののリストや値段を調べてから現地へ赴く様にして行きましょう。
もし、大量に同じ商品を購入したい場合は、ホーチミンだとチョロン市場やアンドン市場で大量に買い込むことができます。ここから仕入れた雑貨がベンタイン市場に並んで高く売られているんですね。
ベトナムの物価は日本の物価と比べるとかなり安いので、ついついたくさん雑貨を買ってしまうかもしれませんが、大量に買うならバラマキ用に小さくて安いものにしましょうね。

雑貨をベンタイン市場で買うとぼったくられる?

日本での買い物は商品に値段が付いてるので、それを見てその分の金額を支払うのが普通ですが、ベトナムの市場では値段があってないようなものです。

と言うのも、市場で売られている商品の殆どに値札が付いていないことが多いのです。
ベンタイン市場は観光客をぼったくろうとする店ばかり。
だから、もしベンタイン市場で買い物するなら、価格交渉からはじまります。

要は、値切りをしないと確実に高い金額で買わされる世界なので、絶対安い価格で買ってやろう?と言う意気込みで臨んだ方が良いのです。
また、店主が口が上手くて根負けして高い金額で買わせる店もあるそうなので、なるべく店主のペースに乗らない様に気を付けて値切るようにしましょう。
上手く値切り交渉が進んで思い通りの買い物ができたと思っても、他の店にいったらもっと安く売っていた・・・なんてことはよくあります。

あえてベトナム人と交流したい、という人とのコミュニケーションが好きな方ならいいですが、交渉がうまくいかないと
「バカ」
とかなんとかいってくる店員もいるので、無理してチャレンジする必要はないでしょうね。
気持ちよく買い物したいならドンコイ通りへ行きましょう。

ベトナム ホーチミンに来たらベンタン市場に行こう!! ベンタン市場での賢い買い物の仕 方!!

ホーチミンの銀座ドンコイ通り

最初に紹介したように、ドンコイ通りは雑貨店やアパレルショップ、ブランド店が立ち並ぶ、日本でいう銀座の並木通りのような通りです。
ちなみに、銀座中央通りに当てはまるのがグエンフエ通りです。グエンフエ通りは数年前から歩行者天国になっており、観光客と若者があつまり活気のある通りになりました。
ドンコイ通りで日本人が雑貨を買いに集まる雑貨店と言えば「TOMBOトンボ」が有名です。

このお店は、お手頃価格で品質もよいです。ホーチミン市内で根気よく探せば、同じものがトンボより安く見つけることができますが、好きでなければそこまで出来ないと思うので普通に買い物したい方はトンボへ行きましょう。
時間がある方は、最初トンボへ行って欲しい商品と価格をだいたいチェックしましょう。
目星をつけたら、ベンタイン市場や他の雑貨店を周り同じものを探してみます。安いものがあればそこで買えばいいし、なければもう一度トンボへトンボ返りです(笑
ちなみに、僕のオススメはバックパッカー街のあるデタムやファングーラオ周辺の雑貨屋です。

FIX PRICEが多く、ベンタイン市場より高くないです。日本人はあまり行かないエリアで穴場ですね。

ホーチミンの雑貨店まとめはこちら
雑貨天国ホーチミン!国も雑貨もすべてが早いペースで発展・進化しています!

ということで、ホーチミン初日は、アオザイオーダーとトンボで商品チェックです。
よく覚えておきましょう。

関連記事

  1. ベトナムの 建国記念日(国慶節) に水のテーマパークCông Viên…

  2. ベトナムでよくあるスリの手口 大女編

  3. 知らないと後悔する?ベトナム人のお酒の飲み方

  4. フエのトゥデゥック帝陵のセンスのよさよ

  5. VIETSTAR★ 2017年下半期 人気記事ランキングトップテン

  6. ベトナムホーチミンにある名店 当日予約の出来ない店 Pizza 4P&…

Ameba公式トップブロガー

ベトナムのオカマ うんこたん

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

画像一覧

人気ブログランキングへ