ベトナムと中国の関係悪化!!死者も! ビンズンで反中デモ拡大 暴徒化へ恐るべき集団心理

2014年5月13日 ビンユーンVSIP工業団地からはじまった反中デモ

当初は、中国系の工場を中心にデモからストライキへといった扇動をしていたが、
次第に過激化してきた。
暴徒と化したデモ隊は、時間をかけて大きくなっていた。
工場の門をぶち壊し、看板を破壊して、
工場に侵入するとパソコンや電線など金目のものは持ち出し、
中国人とみれば殴る蹴るの暴行を加える。
盗るものをとったら工場に火をつける。
もはやこんなものは正義でもなんでもない。
強盗の集団にすぎない。

Binhduong-chongTQ22

image(1)

目をぎらつかせた集団は、当初の目的を忘れ、
ただひたすら暴力と略奪にこころを奪われる。
台湾や韓国、日本などの中国以外の工場も襲撃してしまった。

96958A9C9381959FE3E7E2E3978DE3E7E2E7E0E2E3E6979394E2E2E2-DSXBZO7123270015052014000003-PB1-4

 

日中の尖閣諸島問題の中国デモと同じ状況。
すでに死者が出ているというからそれより酷いかもしれない。

はじめは黙認していた警察部隊も鎮圧に乗り出すも、
逆に車を焼かれて死者まで出る始末。
これ以上ひどくなると軍が出てくるしかない。

 

この事件をうけて思い出すのは、

ベトナム戦争後、アメリカを追い出した後、

ベトナムがカンボジアへ侵攻したこと。

このカンボジア侵攻したことで、
ベトナム戦争で同情的だった周辺国を裏切る形になった。

今回のデモでは、中国と関係ない台湾・韓国・日本が被害を受けている。
こういったことでは、対中国包囲網がうまく成り立たない。
日本はともかく、かなり被害を受けた台湾は今後どういった対応に出るのだろうか。

 

日本は、殴られても我慢する国
ベトナムは、殴られたら殴り返す国
ここまでは理解できるが、他の国を巻き添えにするのはまずい。

結局、越国民の教養やモラルが低いことの現れではある。
当初のデモ隊にあった志は、
後から参加した遊び半分の参加者と
金品目当ての強盗たちによってなくなった。
ただの強盗集団。おそるべき集団心理。

日本を振り返ってみると、
阪神淡路大震災や東北地震では、
ほとんど強盗がでなかった。
住民同士助け合い、懸命に復興に向かっている。
もし、他の国で同じ天災が起きて状況になったら、
自暴自棄になった集団強盗が発生するのは間違いない。

 

続きはこちら>>

ベトナムと中国の関係悪化!! ビンユーンで反中デモ拡大 暴徒化へ恐るべき集団心理 その後 

人間の集団について―ベトナムから考える (中公文庫)

関連記事

  1. 熱帯地域 ベトナム南部ホーチミンでのクリスマスイブの実態とは

  2. ベトナム人の子供の体型にみえる時代の変化と習慣

  3. 最近ベトナムで話題のUberタクシーに乗ってみました!

  4. これを読んだらあなたもベトナムへ行きたくなる!【たとえ】で伝えるベトナ…

  5. どこか懐かしいベトナムの田園風景 「草原に黄色い花を見つける」

  6. 【連載 ベトナム中部の魅力①】 世界遺産 古都フエの歩き方 HUE

Ameba公式トップブロガー

ベトナムのオカマ うんこたん

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

画像一覧

人気ブログランキングへ