大公開!! 地獄の結婚式ツアー2013 プロローグ

2013年 ベトナム人女性と結婚

2013年、僕は今のベトナム人妻と結婚式をあげました。
しかも、友人に習って2回も式を挙げてしまいました。

この二日間は、
「もう二度と結婚式なんてしたくない!!」
と思うほど、しんどかったです。

本当に二度と結婚披露宴はしたくありません!!

今回は、その時の様子を公開したいと思います。
これからベトナムで式を上げたいと思っている方の参考になればと思います。

日本からの結婚式参加者

僕の結婚式にあたって、日本から親はもちろん親戚や友人が来てくれました。
日本からの参加者は、総勢11人になりました。(会社関係を除いて)

内訳は
家族・親戚が5人
友人が6人(友人の恋人含む)

とてもありがたいことでしたが、まずは、この人達の旅行手配が最初の仕事になりました。
東北から来てくれる大学の友人は、彼が自分で手配出来たのですが、他の人達はこちらで全て手配しました。

旅行会社はHISに頼みました。
とても安いパックがあったのですが、ホテルをグレードアップしたので、それなりの旅行代金がかかっています。
オプショナルツアーは無しで、航空券とホテル代だけです。
HISを使用する場合は、こちらの記事も参考にしてください。
ベトナム旅行!! とにかく安くベトナムに行きたい方へ! HISとTNKの組み合わせがオススメ!

ちなみに、HISのホテルグレードアップでRenaissance Riverside Hotel Saigonにしたのですが、正直あまりオススメしません。
1万円以上出すなら、シェラトンとかカラベルホテルに泊まったほうがいいと思います。

結婚式2回とはどういうことか

かねてから僕が思っていたのは、
「ベトナムの結婚式はあっけなく終わるなぁ」
ということです。

ベトナムの結婚式は、日本で言う結婚式2次会に近い印象です。
あまり角ばったことがなく、
ケーキ入刀のあとはカラオケ大会!!
みたいな感じです。

くわしくは、こちらの記事で触れていますので、興味のある方は読んでみてください。

とにかく、そんな結婚式だけで家族や友人を迎えるのは彼らに申し訳なかったので、日本式の結婚式を挙げたいと思ったのでした。
もちろん、妻の顔を立てるために、ベトナム式の結婚式も挙げます。そのため、2日連チャンで結婚式を挙げることになったのです。

1回目は、ベトナム式の結婚式(披露宴)です。
この日取りは、妻のお母さんが決めました。土曜日でした。

結婚式の場所は、妻の実家です。
実家とはいえ、ここは結婚式場を営んでいるのです。
要は妻の家族は結婚式場を経営しており、ここで1回目のベトナム式の結婚式を挙げます。
場所は、ホーチミンから45分くらいはなれたビンユーンにあります。

そして次の日、日曜日の昼にホーチミン市内のホテル、コンチネンタルホテルサイゴンで式を挙げることにしました。
コンチネンタルホテルは、かの司馬遼太郎も泊まったこともある、かなり古い歴史を持つコロニアル様式のホテルです。

1回目のベトナム式の結婚式は妻におまかせだったのですが、
2回目の日本式結婚披露宴をどれだけ日本っぽくできるか、で頭を悩ませました。
なるべく、日本式になるように考えました。

日本式披露宴に向けて用意したこと

1.招待状
2.引き出物
3.寿司(板前さん付き)
4.日本人MCと通訳
5.着物と羽織袴、そして鎧武者(叔父が勝手に作って持ってきた)
6.日本人ヘアメイクさん
7.主賓挨拶(ベトナム語 訳)
8.友人代表スピーチ
9.友人カラオケ 家族になろうよ(ベトナム語 訳)
10.新郎カラオケ キセキ(ベトナム語 訳)
11.新郎謝辞(ベトナム語 訳)
12.チェキ(来客全員撮影して写真渡した)
13.式次第(ベトナムの結婚式には無い)

カラオケや主賓挨拶のベトナム語訳は社内の通訳さんにお願いしましたが、新郎謝辞だけは自分でベトナム語訳を作り、当時のベトナム語の先生に添削してもらいました。
一番苦労したのは、ホテルの人にこの式次第の意味を理解してもらうことでした。
さて、次回は家族と友人がベトナムに着いた日に続きます。

つづきはこちら>>

関連記事

  1. Vietnam Airlines ベトナム航空の機内食は食べるべきか …

  2. 日本食店の激戦区 ホーチミン・シティ そんな中でも根強い人気のある老舗…

  3. ベトナム旅行!! とにかく安くベトナムに行きたい方へ! HISとTNK…

  4. 【日本人とベトナム人配偶者同行限定】ベトナム人配偶者を日本を連れて行く…

  5. ベトナムで家政婦さんを雇うのは簡単なようで難しい ベトナムでメイドさん…

  6. カントー市の水上マーケットでもっと楽しむための基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Booking.com

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

  1. ハノイ大聖堂

画像一覧

人気ブログランキングへ