ホーチミン発 成田行き JAL750便 突然のフライトキャンセル!! そのときのJALの対応とは 




僕は、普段日越の往復はベトナム航空を利用しております。

仕事での帰国が多いため、会社がチケットを手配するためです。

 

しかし今回、私的な用事のため帰国する必要があり、JALにてチケットを手配しました。

 

ベトナム航空は機内食が美味しくないです。

というか、本当にマズイです。

 

それに比べてJALの機内食は美味しかった記憶があり、

ちょっとした楽しみでした。

 

ところが、今回帰国の便でちょっとしたトラブルがあったため報告します。

今回手配した便は、JAL750便
8:10 ホーチミン発 → 15:35 成田着
の予定です。

 

当日、チェックインして出国手続き及び荷物検査を終えて、
出発ゲートでJALの美味しいだろう料理に心をはずませていたところ、
JALのスタッフに声をかけられました。

 

「すいません。このフライトはキャンセルになりました。
お詫びに400ドル渡しますし、ビジネスクラスに変更するので、夜中出発の羽田行きに乗ってください。おねがいします。」

 

え、え~!!

 

「今日のために、わざわざ休みをとったのにそれはこまるぜよ!!他にもっと早く帰れる便はないんですか?」

「すいません。ありません。」

 

でも、他のお客さんはオッケーなのかと聞いたら、

日本人が5人しかいないし、明日は休みだから問題ないそうです。

さらに話を聞いていてわかったのは、日本人の乗客が少ない(5人しかいない)から、

採算が合わないようで、フライトをキャンセルしたようです。

 

機体にトラブルがあったわけではなくて、JAL都合でのキャンセルのようです。

 

ココらへんは、ベトナム人は正直ですよね。

昔の僕なら、すぐ頭に血がのぼっていたのでしょうが、今は冷静にどうすべきか考えました。

 

JALが費用を出してくれるなら、中華航空の台湾経由成田便に変更できれば、今日中に日本に到着します。

それを僕は知っていましたが、他の便もあるかもしれません。
思い切ってカマをかけて言ってみました。

「香港経由の便はないの?」

「オッケー。わかりました。」

案外すんなり、了承してくれました。
それなら、そっちから提案しろよ、と思ったのですがまあいいです。

出国手続き後なので、そのあとチェックインカウンターにもどるまでややこしかったです。

今朝押した出国スタンプの上にキャンセルスタンプを押されて、チェックインカウンターまで一度もどりました。

結局、香港まではベトナム航空の便をビジネスクラスで手配してくれて、
香港から成田までは、プレミアムエコノミークラスの席を確保してくれました。

どの便も遅れもなく、スムーズに日本まで着きました。

また、香港では機体をおりるとJALのスタッフが迎えてくれて、
乗り継ぎが無事できるようにサポートしてくれました。

まぁ、ここらへんがJALの良さですよね。
ついでに、お詫び金の400ドルも頂いたので、結果的にはラッキーだったかなと思っています。

 

ベトナム航空を利用する際に、優雅に過ごせるここだけの話。

JTB 「(成田発)ベトナム航空直行便で行く!ホーチミン」¥42,800~

JTBでいく 「(羽田発)ハノイ<1名様から出発保証!>」¥46,800~

関連記事

  1. 空港のイミグレを楽々通過♪ 自動化ゲートをつかってみよう!!

  2. ベトナム ホーチミンでバイクレンタルしたいならデタムエリアへ行こう

  3. ベトナム旅行!! とにかく安くベトナムに行きたい方へ! HISとTNK…

  4. これを読んだらあなたもベトナムへ行きたくなる!【たとえ】で伝えるベトナ…

  5. 日本食店の激戦区 ホーチミン・シティ そんな中でも根強い人気のある老舗…

  6. 【海外生活に慣れるまで】非日常が日常に変わるまでに必要な期間

Ameba公式トップブロガー

ベトナムのオカマ うんこたん

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

画像一覧

人気ブログランキングへ