ベトナム屈指の海辺リゾート ニャチャンに行ってみた!! 1日目 

2016年5月1日

会社の社員旅行でベトナムのリゾート地ニャチャン(NHA TRANG)に行ってきました!!

集合は、朝8時30分タンソンニャット空港(国内線)
渋滞を懸念して、かなり早く家を出発したものの、30分ほどで空港についてしまった。

そこで、目に入ったのはわが社のお局様。
会社創世記からいらっしゃりかなりの権力がある。
しかし、いまだに結婚していない。目が合っていなければ、近づかなかったものの、向こうも気づいているから、しょうがなく同席。
朝から、お局様とデートの体となってしまった。

気まずい空気の中、パソコンを取り出してなんとか時間をつぶした。
そこにあわれたのはわが社の社長のお姉さんとその家族。
旦那さんは僕とお局様の2ショットをみて、
本当に二人が「デキている」ものだと勘違いしたようだ。

それを皮切りに、次々とスタッフが集合場所に集まってきた。ベトナム連休初日ということもあり、空港がすごい混んでいると思っていたが、むしろすいているくらいだった。ベトナム人は、まだまだ飛行機移動よりバス移動が主体らしい。。

カムラン(CAM RANH)の空港へ

ニャチャンに空港はない。
ここから少し離れた(バスで1時間)のカムラン空港へ向けて飛び立った。
僕は、ホーチミンの近くのブンタウやムイネーの海辺の街には何度か行ったことがある。
ホーチミンから近いだけあって、客が多いが海がきれいとはいえない。

果たして、ニャチャンはどうだろうか。

写真は綺麗に取れてないが、飛行機から見る限りエメラルドグリーンで綺麗。
また、遠浅になっているようだ。

カムラン空港には、11:30頃到着したものの、バスの出発は12:00。
ちょっとまいったのがツアーガイドのおしゃべり。
この人マイクを持ったまま移動時間はくだらないことをずっと話し続けている。
それがサービスなのか仕事なのかわからないが、移動時間は毎回大声で話されるので非常に苦痛だ。

ちなみに、両行会社はVIETRAVEL。
ニャチャン市内に到着したのが13:00だった。

そして、お昼へ

 ベトナム人社長と社長姉の家族とお食事。
決して豪華な料理ではないが、どれも味付けが良かった。

宿泊は4つ星ホテル BAVICO INTERNATIONAL HOTEL

正直、ベトナムの社員旅行だからホテルは期待してなかった。
身内で旅行へ行くときは、場末のホテルに泊まったりするのが日常。
だから、こんなにいいホテルに泊まれるとは思っていなかった。
IMG_8229
部屋は、角部屋のオーシャンビュー

IMG_8227
広いお風呂場

IMG_8226
オシャレな室内

こんないいホテル泊まったのは、結婚式以来ではないか。
25階の屋上には、ニャチャンの夜景を見下ろせるスカイバー。
5階にはプールがあり、そこでもお酒が飲める。
他にも、カラオケやらマッサージまでそろっている。

しかし、このホテルはやたらと中国人が多い。
それと、VIETJET AIR御用達らしく、機長や添乗員さんをよく見かけた。

BAVICO HOTELは、ブッキングドットコムで予約できます。
ダブルルームで70ドル~
バヴィコ インターナショナル ホテル ニャチャン (Bavico International Hotel Nha Trang)

一つ問題があるとすれば、エレベーター。
エレベーターが3台しかなくて、常にキャパオーバー。
待ち時間5分くらいかかるときもあった。

ニャチャン大聖堂 Nha Tho Nui

プールバーで25000ドンの黒ビールを飲んで、そのあとニャチャン大聖堂へでかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8232

ヨーロッパの大聖堂と比べたら、とても「大」とは言えないと思うが、ベトナムでよく見かける派手な教会とくらべると、重厚感のある色彩には好感がもてた。

本日の観光はここまで。

旅行はホテルで気分が変わるということを実感した日だった。
ホテル選びは大事ですね!!

2日目に続く>>

関連記事

  1. ベトナム屈指の海辺リゾート ニャチャンの海岸にはロシア人のお姉さんがい…

  2. ベトナム屈指の海辺リゾート ニャチャンはくそ暑かった!! 2日目 

Booking.com

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

  1. ハノイ大聖堂

画像一覧

人気ブログランキングへ