ホーチミン人民委員会庁舎 |UBND Thành phố Hồ Chí Minh

21

難産した建築

グエンフエ通りの突き当りにあるのが、ホーチミン市人民委員会庁舎です。
ホーチミン市の中心地であり、歩行者天国になったグエンフエ通りは外国人観光客だけでなく、地元のベトナム人が集まりコミュニティを形成する場所となりました。
そして、グエンフエ通りの象徴的な存在がこのホーチミン市人民委員会庁舎です。

完成したのは1908年ですが、実は着工するまでに紆余曲折がありました。
1872年に建設が決定された後、設計案に関して審議に28年かかりました。
Wikipediaによると「1902年から1908年にかけて、当時のサイゴン市庁舎としてフレンチコロニアル様式で建設された。」とあります。
しかし大田省一氏の著書によると、
「1898年着工、完成までにはさらに8年の年月を要した。とんでもなく難産の建物だが、完成後も両翼部の増築など、今見る氏型に落ち着くまでにはさらなる時の流れが必要だった。」
と書かれています。

難産だっただけにフランス建築のエッセンスが反映され、当時の写真を見ると本当にパリと言っても信じてしまいそうな建物になりました。

100年前のホーチミン人民委員会庁舎

 

マップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。