タイニンのカオダイ教会 Cao Dai Holy See Save

39

アクセス

ホーチミン市から車で2時間程度の場所にある。
【クチトンネルとカオダイ教ツアー】という定番ツアーに組み込まれているので、日本でHISやJTBなどの日系旅行会社でブッキング可能。
デタムエリアから出発する欧米人向けのパックツアーなら安く行ける。

概要

カオダイ教(Đạo Cao Đài / 道高臺)は、5つの宗教をミックスしたベトナムの新宗教としてよく知られている。1919年、ゴ・ミン・チェウ( Ngô Minh Chiêu )とレ・ヴァン・チャウン(Lê Văn Trung )によって唱えられた。五教(儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教)の教えを土台にしたことから、カオダイ=高臺(高台)と名付けられた。
1926年、タイニン省に建てられたこの教会が総本山となる。
2つの尖塔とドームからなる構成はキリスト教会を模したものだが、中にはいると龍の柱があり、六角形の塔や屋根の形状は寺院建築に由来している。なぜか、アメリカの1ドル札の裏側に描かれたピラミッドと類似した紋章まである。
儒教・道教・仏教という東洋思想は、他宗教を取り込みながら広まってきたが、キリスト教やイスラム教などまず相容れない仲の宗教まで取り込んでしまったカオダイ教。滑稽さを感じつつも、人々の興味をそそるものがある。

あなたのオススメする、ベトナム建築情報をお寄せください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。