ビンズン総合病院 | Bệnh Viện Đa Khoa Bình Dương| bệnh viện 512 giường

62

概要

ビンズン総合病院。またの名を512床病院(Bệnh Viện 512 Giường)と呼ばれています。
筆者もビザ更新の健康診断や知人が入院したりで、何度かお世話になったことがある、ドローカル病院です。
一番キツかったのは、採血の際に看護婦さんが何度も失敗して、空気をシュポシュポ・・・。
日本人から見ると衛生的にもキツイものがあり、なるべく行きたくない病院です。

そんな512床病院ですが、外観はなかなか立派で、ガンダムの盾のマークのようなルーバーが並んでいます。
外壁の外側にルーバーを付けるのは日除のためで、これはホーチミン市にあるベトナム戦争の象徴的建築の統一会堂も同様の作りになっています。それもそのはず、この512病床を設計したのは、統一会堂を設計したベトナム人建築家Ngô Viết Thụなんです。
外観としてダイナミックなのは2階のエントランスに直接アクセスできるカーブ型のスロープです。病棟内はこれと言ってみるべきものはありませんが、ここに来て気付くのはベトナムも高齢化がはじまってるんだなぁ、ということです。
街中は若い人ばかりに見えるベトナムですが、病院には日本同様多くの高齢者で溢れています。

そんな512床病院ですが、移転の計画あるそうです。
その名も1500床総合病院(Bệnh Viện Đa Khoa1500 Giường)

1500 giường

建設中の1500床総合病院

512床病院から車で5分ほどの場所に建設中です。移転先の建設現場を見て、建物が綺麗になってもスタッフが変わらなければ意味ないよなぁ、採血の下手な看護婦さんはやっぱりそこにいるのだろうし、と複雑な気持ちで眺めました。
野戦病院的な衛生面は改善されるでしょうが、人の面でも改善されることを願います。

それと、建築家Ngô Viết Thụが残した512床病院は取り壊されるのか、違う用途として残るのか。それも気になるところですね。

アクセス


アクセス難易度:面倒

ビンズンで救急車に乗る場面があれば、連れて行かれる可能性があります。
その他のアクセスは、タクシーかバイクで行くしかないでしょう。

あなたのオススメする、ベトナム建築情報をお寄せください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。