ハノイ大教会(聖ヨセフ大聖堂)|Nhà Hát Lớn Hà Nội

13

アクセス

概要

もともと仏教寺院があった場所に、1884年から工事を始め、1888に完成させた大聖堂です。
ゴシックの双塔と中央のバラ窓が美しいこの教会は、建設当時は白く輝いていたそうですが、いまでは100年以上の年月がたち壁は黒ずんでいます。
個人的にはエイジングを感じるこの仕上がりは好きです。
正面のファサードは2019年に焼けてしまったパリのノートルダム大聖堂にそっくりです。
双塔に双塔のアーチにバラ窓がある様子は、パリのものを連想させます。違うところとは言えば、雨対策のためと思われる中央の切妻屋根です。

現在、ホアンキム湖周辺には背の高いビルも増えてしまいましたが、大聖堂建設当時はこの美しい双塔が遠くからでも望めたことでしょう。
すっかり観光地と化した大聖堂ですが、いまでもミサの時間になると、多くのカトリックがこの教会に集まってきます。
あなたのオススメする、ベトナム建築情報をお寄せください

動画で観る 大聖堂ミサの様子

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。