【解体された都市伝説】呪われたマンション727|Chung cư 727 Trần Hưng Đạo

85

少女の呪い ちょっと怖い話

呪われたマンション727

 727 チャンフンダオのマンション。この建物は、南部で最も裕福な男であるNguyễn Tấn Đời 氏によってBuilding Present Hotelとして創設され、1960年代に建設がはじまった。

建物の設計には、3つの建物、13階、530室の部屋があった。 

人々は、13番が不運をもたらすと彼に助言しましたが、彼は気にしなかった。

 しかし、13階が完成したとき、多くの奇妙な災害がこの建物を襲った。

労働者の一人は階段から落ちて死に、ほかにも感電死、はたまた足場を落下して死亡する人が続いた。

建設は停滞してまった。

そこで彼は祈祷師に頼み、病院から連れてきた4人の少女をホテルの四隅に埋めたと噂されている。

それ以来、多くの人々が、マンションの建物を歩き回って、毎晩泣き悲しむ若い女の子の影を見ているようになった。

ここに住む人々は、夜、しばしば足音を聞き、男性が女性の手を握っているのを見た。

その後、建物はアメリカ兵のためのバーやレストランになった。

ホテルエリアは公務員用の住宅に変わったが、12階と13階は永久に放棄された。

 マンションの建物はひどく劣化し、古く、至るところにカビ、動物の死骸、冷たい空気の匂いが残っていた。それでも何世帯かはこのマンションに暮らしていた。

2019年に解体

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。