ベトナムに遺るプレ・アンコール期の祠堂 Tháp cổ Chót Mạt

19

アクセス

概要

年代:7〜8世紀

タイニンにあるプレ・アンコール期に建てられた遺跡です。
17世紀末までメコンデルタ地帯は当時のカンボジア「ウドン」の領土でした。
そのため、このあたりにはカンボジアが建てた建築が遺っています。

あなたのオススメする、ベトナム建築情報をお寄せください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。