ティンムー寺院 慈仁塔|tháp Phước Duyên

33

アクセス

概要

1845年に建てられた塔で、高さ21mある八角形七層の塔は仏教で悟りを意味する蓮を象っている。各階には仏像の坐像が安置され、過去七仏(釈迦如来までに登場した7人の仏陀)をあらわし、最上部には釈迦如来像が安置されている。
当時としては天にも届きそうなほど高く見えたことだろう。
フエにあるティンムー寺院
ティンは「天」
ムーは「姥」
を意味する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。