今週のビンズン省 コロナ関連 野戦病院閉鎖など 10月24日更新

118
過去30日の新規感染者数 ベトナム全国・ホーチミン市・ビンズン省

今週の新規感染者数、ホーチミン市とビンズン省でほぼ横ばい、全国では若干増えているように見えます。
原因としては、ホーチミン市から帰省した人たちが地方で感染を確認されたり、そこでクラスターを起こしたりしているようです。地方はワクチン接種が遅れていますので、大きく感染拡大しないか心配です。

大きく感染者数が減っているわけではありませんが、規制緩和は進んでいます。ホーチミン市やビンズン省でも、店内飲食がはじまりました。

日本は不思議と感染者数が激減していますが、ベトナムでもリバウンドせずにこのまま減少がつづくことを期待したいです。

ここ一ヶ月の検査数のグラフです。最近は1日10万回ほど検査が行われています。
1日3000~4000人の陽性者が確認されていますが、以前のように1日20万回行ったらやっぱり倍の7000~8000人になるのではないか。

つくづく、検査数で新規感染者数はコントロールできてしまうと、思います。

ビンズン省のグリーンゾーン

2021年10月23日ビンズン省の新型コロナ地図

先週までは、グリーンで表示されていた地図が、今週になりオレンジゾーンとイエローゾーンが表示されるようになりました。レイヤーも若干変更になっています。

省内の検問所や封鎖バリケードはほとんど撤去されています。市をまたぐ移動でも検問がなくなった場所もあります。2輪車はチェックされていますが、4輪車はほぼノーチェックで移動ができています。

また、新規感染者数が減ってきたため、大型の野戦病院の閉鎖が決まったそうです。

2021年10月23日(土)ビンズン省 517人

2021年10月22日(金)ビンズン省 471人

2021年10月21日(木)ビンズン省 483人

2021年10月20日(水)ビンズン省 492人

2021年10月19日(火)ビンズン省 500人

2021年10月18日(月)ビンズン省 439人

2021年10月17日(日)ビンズン省 537人

編集後記

本日、数カ月ぶりに店内飲食で昼食をとってきました。
席数を半分に減らしていましたが、日曜日ということもあり、店には行列ができていました。

ベトナムでは「ニューノーマル」という言葉で規制緩和を進めていますが、ニューノーマルというよりも以前と同じような状態に戻るだけと思います。

ワクチン接種証明のグリーンカードにしたって、あんなもん他人のものをキャプチャして保存していても使用できるるのではないか。お店でIDカードとワクチン接種証明を合わせてわざわざチェックすることもないでしょう。
陰性証明だって検査を受けなくても、お金を払えば発行してくれる病院もありました。

そんなわけで、ニューノーマルと言いつつ、元の状態に戻って、また感染拡大するのは勘弁してほしいと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。