タンロン皇城

ベトナムの首都ハノイの街の中にあるタンロン皇城の中心区域は世界遺産に登録されている。

タンロン皇城の中心区域は2003年に発掘された遺跡で、昔から~1010年頃から~1814年まで一貫してこのハノイの地に都を築いてきたと言う事もあり、各年代の都の遺跡が何層にも重なっている。

タンロンと言う言葉の意味はタンが昇るロンが龍と言う意で、かつてのハノイがタンロン(Thăng Long)と呼ばれる都だった時の時代に思いを馳せる事が出来る。

▷ ハノイ旅行(JTB)

【画像のダウンロードについて】
著作権フリー/商用利用無料/帰属表示は必要ありません。
ダウンロードの前に「いいね♡」を押してください!
P C▷画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」
スマホ▷画像を長押しして「イメージを保存」

Galleryアーカイブ