ヌックマムの甕壷

ヌックマムは、魚醤油と言われる。

カタクチイワシなどの小魚を多量の塩で漬け込み保存して発酵させる。

分解が進んでいくと、液体がうわずみとなって溜まる。

小魚の筋肉部分が崩れ、骨だけが残ったものを絞り、液体部分を集めたものが魚醤となる。

魚が豊富に穫れるムイネーではヌックマムの産地でもある。

▷ムイネーのホテルを検索

【画像のダウンロードについて】
著作権フリー/商用利用無料/帰属表示は必要ありません。
P C▷画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」
スマホ▷画像を長押しして「イメージを保存」

Galleryアーカイブ