ポーナガル塔 | Tháp Bà PoNagar

38

アクセス

概要

8世紀に建立されましたが、他国からの侵略で何度か破壊されています。修復・建替えを繰り返し今の姿となりました。

チャンパ王国はヒンドゥー教のシヴァ派だった。主祠堂のまぐさには踊るシヴァ神の彫刻があります。
規模でいえばミーソン遺跡に劣りますが、修復が完了した今は、優雅で美しいチャム塔がまとまって見られるのがポーナガル遺跡の特徴です。

地元の人達の信仰地でもある一方で、外国人などの観光客も多く、いつも多くの人で賑わっています。
また、丘の上に建てられてここから観るニャチャンの景色も美しい。

あなたのオススメする、ベトナム建築情報をお寄せください

動画で観るポーナガル塔

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。