トゥーティェン遺跡 ビンディン遺跡群 【Tháp Thủ Thiện】

24

アクセス

クイニョンの市内から車で1時間程度の距離にある。田園風景の中に建つ祠堂。

概要


様式:ビンディン様式
年代:13世紀中期

銅塔や金塔と同じ時期の祠堂。祠堂の内部の装飾が特徴的。西壁には砂岩で造られた複数の彫刻がはめ込まれていたが、ベトナム戦争の時期に心無い収集家によって持ち出され、現在行方不明とのこと。
遺跡の保存状態が悪く、上部構造が崩壊し頭頂部には穴が空いていて、基壇部分の崩壊もはげしく、全体的にコンクリートで補強されていた。
しかし、現在は修復作業が進んでいることがGoogleマップの写真投稿で確認できる。
建設当時とおなじ様式で再現されるか不安はあるが、ベトナムがチャンパ遺跡の保存をすすめているのは良い傾向である。

トゥーティェン遺跡の写真提供ご協力のお願い

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。