外国人技能実習生制度という日本の現代版奴隷制度の実態

36

今回のテーマは内容が重いので、書こうと思いつつも中々踏み出せなかった外国人実習生制度についての問題です。
以前の記事で、日本で起きているベトナム人の犯罪について取り上げました。


この記事では、最後に「次回は、実習生制度を利用して日本に来たベトナム人の実情をまとめてみたいと思います。」と書いておきながら、放置しておりました。

上の記事を読んでもらえばわかるのですが、2015年末には日本でのベトナム人労働者数は、11万人になっており、2015年の上半期で、ベトナム人犯罪検挙状況、強盗と窃盗で1位になってしまいました。
そのベトナムの犯罪を増長する原因になっているのが、外国人研修制度です。

外国人技能実習生制度とは

技能実習制度は、出入国管理及び難民認定法別表第一の二に定める「技能実習」の在留資格により日本に在留する外国人が報酬を伴う実習を行う制度である。企業等の実習実施機関が海外の現地法人、合弁企業や取引先企業の職員を受け入れて技能実習を実施する企業単独型と、商工会等の営利を目的としない監理団体が技能実習生を受け入れ、傘下の実習実施機関で技能実習を実施する団体監理型に大別することができる。

また、いずれの型についても、入国後1年目の技能等を修得する活動と、2・3年目の修得した技能等に習熟するための活動とに分けられており、技能実習の1年目を「技能実習1号」、2・3年目を「技能実習2号」、4・5年目を「技能実習3号」企業単独型の1年目を「技能実習1号イ」、団体監理型の1年目を「技能実習1号ロ」、企業単独型の2・3年目を「技能実習2号イ」、団体監理型の2・3年目を「技能実習2号ロ」、企業単独型の4・5年目を「技能実習3号イ」、管理団体型の4・5年目を「技能実習3号ロ」と表記される

ウィキペディアより

要は、発展途上国の技術向上のために、外国人を受け入れて仕事をしてもらいながら、技術を習得させますよ。
外国人にとっては、技術も身につけられるし、本国の何倍もの給料を稼げてしまう、というなんとも嘘くさいジャパンドリームなわけです。(実際、嘘ばかりですが)

しかし、実態としては、本当に月15万~20万円稼ぐことが出来たとしても、家賃やら光熱費、食費をいくら削っても5万円はかかりますから、貯められたとしても月に10万円程度。
しかも渡航前には、斡旋業者には100万円前後の支払いが発生すると言われ、1年間まともに働いてようやくペイできるわけです。
まぁ、これは運良くいい会社に研修生として入れた場合の話です。
だれもがこのような流れに乗れればベトナム人の犯罪がこれほど増えるわけがないのです。

外国人技能実習生制度の問題

近年では研修生の急増に比例するように、人権蹂躙や事件が多発している。

典型的な事例は、パスポート取上げ、強制貯金、研修生の時間外労働、権利主張に対する強制帰国、非実務研修の未実施、保証金・違約金による身柄拘束、強制帰国を脅し文句に使って性行為を迫るような性暴力などで、2006年にはトヨタ自動車の下請け企業23社での最低賃金法違反、また岐阜県内の複数の縫製工場では時給300円で残業させていたことなどが報道された。

ウィキペディアより

上に人権蹂躙とありますが、これが当に奴隷制度といわれる所以です。
人間扱いされずに働かされ続ければ、何人であれ恨みを持つに決まっていますし、溜まりに溜まった恨みのはけ口として犯罪に走るのも想像がつきます。
それに、時給300円程度で働かされていたら、1日10時間はたらいていても3000円にしかならなく、月に25日働いても7万5千円にしかなりません。毎月5万円ちかくの出費であれば、手元に残るお金はベトナムで働くより少ないかもしれません。本国で送金を当てにしている家族がいれば、無理にでも送金をしなければなりません。
そしてお金が足りなくなれば、犯罪につながります。
日本で犯罪を起こすベトナム人の背景には、いろんな理由があるというわけです。

そんな技能実習生制度の核心に迫った著書

下記に、この著書から引用します。
我々日本人にとって当たり前になってしまった生活スタイルを支えているのは、外国人なのです。

“あのときの私の予感は現実のものとなった。
(中略)
コンビニは24時間オープンしてもらいたい。
弁当はできるだけ安く買いたい。
宅配便は決まった時間にきちんと届けてもらいたい。
新聞は毎朝毎夕決まった時間に配達してほしい。
しかし、私たちが当たり前のように考えているそんな“便利な生活”は、もはや低賃金・重労働に耐えて働く外国人の存在がなければ成り立たなくなっている。いや、彼らがいなくなれば、たちまち立ちゆかなくなる。
そうした実態は、日本人にほとんど知られていないのではなかろうか。

いまの日本の若者は、重労働を嫌がる人が増えています。
ホワイトカラーばかりでブルーカラーの職を敬遠する人が多いようです。
その労働力不足を補うために外国人が日本にやってきて、私たちの便利な生活を支えてくれているのです。

それを知らない日本人があまりにも多い。

上の著書の他に、ネットでもかなりしっかりした「ベトナム人実習生のルポ」を読むことができます。
巣内尚子さんという方が書かれた記事でで、ヤフーに記事を提供されています。

日本は、これからオリンピックに向けてさらに労働者が必要となります。そのため、さらに外国人の流入が予測されます。その中でもベトナム人が多いのは確かです。日本人は嫌でも彼らと接する機会が増えてゆくと思います。
あなたが日本人であれば、上のルポを一度読んでおいてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。