【連載 ベトナム中部の魅力③】 世界遺産 ミーソン聖域の歩き方

ベトナム中部の魅力について連載しています。

過去の記事はこちらです。
【連載 ベトナム中部の魅力①】 世界遺産 古都フエの歩き方 HUE
【連載 ベトナム中部の魅力②】 世界遺産 水の都ホイアンの歩き方 Hoi An

前回は、夢の国ホイアンを堪能していたら、大地震が起きて日本がパニックになっていた。
そして、ホイアンで泊った宿が、幽霊屋敷で朝が待ち遠しい、というところまで書きました。
夜明けを待って、ベトナム中部の世界遺産のひとつミーソン聖域へと向かいます。

チャンパ王国が残した世界遺産ミーソン聖域

19世紀頃までは、ベトナム中部から下、ベトナムが南北に分かれていたときの南ベトナムの領土あたりはチャンパという王国が支配していました。
チャンパとは、ベトナムとはまったく文化の違う、インド圏の文化が元になっていた王国。
で、このチャンパ王国は度々ベトナムに侵略してきて、何度かハノイを占領しているんです。
しかし、最終的にはベトナムが南下して、チャンパ王国の領土を全部奪ってしまうんですね。
この記事に詳しく書きましたが、つい200年前まではホーチミン市を含むベトナム南部は、ベトナムの領土ではなかったのです。

チャンパ王国とベトナムの関係

ミーソン聖域はそのチャンパ王国が残した遺跡でベトナムの世界遺産の1つです。
ホイアンからミーソン聖域までは、40km程度なので車で1時間ちょっとで着いてしまう距離です。
ホイアンのゲストハウスや旅行代理店では、ミーソン聖域へのツアーバスにブッキング可能です。
前日までに予約すればOK。

ミーソン聖域の写真はこちらから

ミーソン聖域

ミーソン聖域

聖域というくらいだから、静かな世界遺産を想像していたのですが、人気の街ホイアンから行ける世界遺産なので、ここにもたくさん旅行客が来ていました。
人を見に来たわけじゃないんだけどな。
当時は、チャンパ王国とベトナムの関係を全然知らないまま訪れてしまったので、これといった感慨もありませんでした。
世界遺産を訪問するなら、その前にストーリーを知っておくのが大事ですよ。

森の散歩は気持ちよかった

クルージングでホイアンへ

遺跡を見た後は、フェリーでホイアンへ戻ります。
で、きました。きました。
嘘くさいストーリー

クサイクサイ

添乗員さんがおっしゃいます。

「今からフェリーに乗りますが、昨日この川で子供が溺れて亡くなってしまいました。川辺で葬式をしているのでチップを少しあげて下さい。」

嘘くさいストーリーですが、本当だとかわいそうなので少しチップを渡しました。

僕以外は欧米人

フェリーでの移動は1時間ほど、途中で島によってお土産を見せられましたが、なにも買わずにスルー
バスに揺られるより、クルージングは涼しくて気持ちいい。
天気が良かったからサイコー。
ミーソン聖域の遺跡よりも心に残りましたね。
ホイアンに到着したのは午後1時を過ぎていました。

途中で寄った小島と船

ホイアンからダナンへボッタクリバス再チャレンジ

元々の予定は、ホイアンに2泊するつもりだったんです。
でも、幽霊屋敷には泊まりたくないし、ホイアンはもう十分堪能したから、ダナンへ向かうことにしました。
で、ホイアンとダナンの間には五行山という観光地があるのですが、今回はこれもスルー。(なんか疲れたから)
景色が良さそうなので、時間がある人は是非行ってみてください。

ダナン郊外の絶景スポット五行山で神秘的な洞窟と寺院巡り!

五行山

ホイアンからダナンへは、来た時と同じバスを利用します。
バスに乗り込むと自分が1番乗りくらいだったのですが、あとから来たベトナム人の乗客に運賃を聞いてみました。

「ホイアンからダナンまでいくらよ?」
「1万2000ドン」

前回は、5万ドンも払っちゃったよ!
やっぱりすっげーボラれてるし!

冷静に考えてみると1万2千ドンは60円で、5万ドンは250円なわけで、たった200円くらいで怒るのはおかしいですね。
「200円でキレるなんて器が小せぇ」
っていわれそー

でも、なんだろ、ちょっとでもボラれると、「ヤラれた感」とか「屈辱」といった感情がこみ上げてくるんですよ。

ということで、
「帰りボラれないようにがんばる」
と心に決めました。

帰りのバスでは、添乗員さんとの価格交渉で粘りに粘り、途中でキレたりしました。
結果としては、2万ドンまで値切りました。
正規の料金1万2千ドンでないのが心残りですが、来るときよりも値切れたのでまぁ良かったかなと。

次回、ダナン編が最終回です。

関連記事

  1. セゾンゴールドアメックスがコスパ高いと思っていたらもっとコスパの高いゴ…

  2. どこか懐かしいベトナムの田園風景 「草原に黄色い花を見つける」

  3. ベトナム観光!! ホーチミンでツアー手配できる 日系現地ツアーデスクが…

  4. ベトナム最低賃金引き上げについて 2016年

  5. ベトナム女性が知っている美しい健康を保つための10の秘訣

  6. いまベトナムに参入するなら子供向けの産業にするべき理由

Booking.com

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

人気ブログランキング