トランクをバックパックに持ち替えてベトナムを歩こう

南北に長く伸びたベトナムは南と北で国民性も違います。1つの国で2つの文化を楽しめるベトナムを歩くにはバックパックが最適。
手頃な物価と美味しい料理もバックパッカーの味方です。
さあ、東南アジアのバックパックの楽園にゴー

美味い料理、綺麗な海、親切な国民性、手頃な物価、そして意外と多い世界遺産など、実は見所一杯のベトナム。
観光客の数はここ10年間で2倍以上に増えています。
旅行者のあるところバックパッカーあり。東南アジアを回るバックパッカーにとってベトナムは避けて通れない楽園です。

一昔前は衣料品といえば「メイド・イン・チャイナ」でしたが、今は「メイド・イン・ベトナム」が主流。
日本の企業も次々に進出しており、国はものすごい勢いで成長しています。道路や電気などのインフラも改善されて訪れない理由はなくなりました。
そんなベトナムをバックパックを背負って歩くためのヒントをご紹介します

ツアーの予約にはご用心

まさかバックパッカーがツアー!?

そんなことはないと思いますが、念のため。
市場にはたくさんの格安ツアーが出回っていますが、あまりに安すぎるものは避けた方が無難です。
できれば旅なれた人に詳細を確認してみたり、実際の評価をネットで探してください。

「うまい話にはなにかある。」この名言は覚えておいて損はありません。

ツアー料金が安すぎても高すぎても心配なら、もうアレです。バックパックしかありません。

「これいくら?」

ベトナムのクアンコム・ビンザン(大衆食堂)や屋台ではベトナム語で料理名のみが記され値段がないことが多々あります。

言うまでもなく市場もそうです。
いくら物価が安くても騙されて快感を覚えるほどMでもないし、達観しているわけでもないなら必ず

「カイナイ バオニュー?(これいくら)」

と確認しておきましょう。
こういう質問はしておかないとふっかけられるのが海外の常識。もちろん返事はベトナム語で返ってきます。
全く分からない場合でも

「ダック ワー(高い)」

と2回くらい言っておけば良いでしょう。

童心に戻る

「ニンジンは嫌だ?」

「ピーマンが苦い?」

そんな発言が許されるほどイノセントじゃなくなったバックパッカーは、屋台に置かれた子供用のプラ・テーブルとプラ椅子でベトナム料理を味わって童心に戻りましょう。
目をつむると浮かんでくるのは小さい頃の食卓に並んでいたベトナム料理……かもしれません。
用意しやすくて長居も防げる。営業的にはこれはアリな気がしますが、居心地は一切カットされた完全店主目線。
これが許せるのが海外のいいところ。お客様天国日本でこれをやったらキレる人続出でしょう。

列車に乗る

列車はバスよりもはるかにリッチなくせに運行状況は不安定です。じゃあ乗るなという意見はごもっともです。
でも効率重視の日常はここにはありません。
別に時間を気にしなくていいのがバックパックの醍醐味。

一番の魅力は開放感と地方の美しい景色を堪能できるところでしょう。やっぱり景色を楽しむには世界の車窓からじゃないと盛り上がりません。

1~2日前に予約が必要な夜行列車は快適な寝台付きで食堂車も。
これでもテンション上がらない人はバックパックからトランクに持ち替えることを検討してください。

道路の横断について学校で習ったことはすべて忘れるべし

「手を上げて横断歩道を渡りましょう」。

手を上げるかどうかは別にして右と左を見て横断歩道わたるのが常識。そう日本ではね。
交通量が多いベトナムの都市部で道路の向こう側にたどり着くコツは学校で習ったことをすべて忘れることです。
車に注意しながら落ち着いて、ゆっくりと足を一歩ずつ前に踏み出す。
車はあなたに道を譲るはずです。

お金のゼロを数えてニヤニヤする

100円≒20,000ドン。

うまい棒が2,000ドンすると言えば分かりやすいかもしれません。

ベトナムの通貨、ドンなら数百万くらいは簡単にいってしまうので勘違いに気を付けましょう。
あなたはセレブではありません。バックパッカーです。
自分を強く持ってください。紙幣のデザインとその桁数で子供銀行券感がすごいですが、くれぐれも無駄使いは避けてください。
とはいえ、こんなリッチな気分を味わえる機会はあまりないのも確かです。

とことんこのリッチ感を味わうにはカジノはいかがでしょうか?

ハノイやホーチミンではディーラーによるゲームは禁止されているため、スロットなどのマシンゲームがメインですが、「本物のカジノで500万も買ったよ(ドンだけど)」と友達や同僚にプチ自慢して余韻に浸れます。
カジノの楽しさにハマったら帰国後に元気カジノのクーポンをゲットして無料でスロットやテーブルゲームに挑戦するのもいいかもしれません。

コーヒーを飲む

ベトナムは世界第2位のコーヒー輸出国ですが、出て行く奴なんかしょせん二流、三流の低品質の豆どもです。

国内に残った豆こそが一流。元々フランスの植民地だったこともあり、コーヒー文化は根付いていますが、飲み方はユニーク。
深煎りした豆を粗めに挽いて、あらかじめ練乳を入れて置いたカップに直接コーヒーフィルターを乗せてお湯を注ぐ。言葉で説明すると分かりにくくてモヤモヤしますが、飲むとすっきり。
結果いけるじゃんの一言です。

いかがでしょうか。ザッツベトナム。

7つの中で1つでも興味が湧いたら次の目的地として検討みては?
もちろん1つもなくても自分でベトナムの面白さを発見しに行くという気概がある方なら絶対楽しめます。
バックパック背中に旅立ちましょう!

ライター:TsuboMax

関連記事

  1. Vietnam Airlines ベトナム航空の機内食は食べるべきか …

  2. ベトナム ホーチミンからクチトンネルとカオダイ教ツアーに参加 後編 2…

  3. 幸せ大国ベトナムに行ってみよう!! ベトナムのいいところ 2015年版…

  4. Vietnam Airlines 続・ベトナム航空の機内食は食べるべき…

  5. ベトナム ホーチミンからクチトンネルとカオダイ教ツアーに参加 前編 2…

  6. 徹底比較!!ホーチミン行き 『旅行会社の格安ツアー』と「自分手配旅行』…

Booking.com

Twitter でフォロー

無料でとどくメルマガ

メルマガ購読・解除
ベトナムのライフスタイル 公式メルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

新着記事

  1. ハノイ大聖堂

画像一覧

人気ブログランキングへ